漫画「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」103話のあらすじと感想!ネタバレ有り

※ 全話一覧はコチラ

漫画アプリ・ピッコマで連載中の「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」原作Nokki、作画AhBin、原題・양판소 주인공의 아내로 살아남기 

毎週金曜日に最新話が更新されます。

前回のエピソードはコチラ

漫画「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」103話のネタバレ

ゲストルームに入ったラヤは、セリアナが着替えを持ってきたもののそのまま立ち去らないので、何か用があるのか尋ねる。

セリアナは、わざとシャンパンをかけたのはわかっているだろう、それでもゲストルームに二人きりになったということは、少なくとも私に気があるのではないかと言い始めた。

そして、ラヤの頬に手をあて、ラヤの唇に口づけしようとする。

ラヤは、セリアナの家ラスティ伯爵家は味方にしなければならないと、グレイシーが話していたことを思い出し、これが殿下と妃殿下のためになるならばと、我慢して受け入れようとした。

そこへグレイシーが偶然を装って部屋に入ってきて、お取込み中失礼したが、男性の方は泣きそうではないか、無理やりはいけないと指摘する。

セリアナはショックを受け、泣きながら去った。

ラヤは、ラスティ伯爵家が重要だから友好的な関係を築かなくてはと、セリアナを追いかけようとするが、グレイシーに、その気もないくせにフリをするのはセリアナ嬢に失礼だ、皇子とカナリア妃もそこまでするのを絶対に望んでいないと怒鳴られた。

グレイシーは、本当に目が離せない、このままでは好きでもない相手と結婚するところだったと、呆れてぼやく。

ラヤが、ずっと私を見ていたにかと言うので、グレイシーは、あなたがバカなことをしないか見張っていたのだと言い、ラヤの顔面に上着を投げつけ、乱暴にドアを閉めて立ち去った。

ラヤは顔を赤くするのだった。

一方、カナリアとセザールは、ルナ・シンクレアとグレン・ブラウンを捜していた。

グレンがルナ・シンクレアに迫っている現場に出くわしたのだが、ルナ・シンクレアはグレンのしつこさに限界を迎え、飾ってあった壺をぶつけようとする。

慌ててカナリアが止めに入るが間に合わず、壺は壁にぶつかり、いくつかの破片となってカナリアに降り注いだ。

セザールがカナリアをかばい、右腕を破片で切ってしまう。

ルナ・シンクレアは、血を見たショックで倒れてしまった。

グレンは、皇子と皇子妃の登場にまずいと思い、走って逃げだした。

だが今回のことで、グレンはルナ・シンクレアのファンではなくストーカーだという噂が本物だと確認できた。

カナリアは、ストーカー行為で女性を苦しめたり、セザールに怪我を負わせる原因になったグレン・ブラウンを、絶対に許さないと思うのだった。

漫画「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」103話の感想

セリアナは、ラヤが自分に気があると勘違いし、大胆な行動にでました。

でもそれはラヤのハッキリしない言動のせいでした。普通に振られるよりは、勘違いした分、余計に傷ついてしまいましたね。

最悪な状況になるのはグレイシーが阻止しましたが、ラヤはいつからここまでヘタレになってしまったのでしょう。

セリアナ嬢に恥をかかせたので、余計にラスティ伯爵家と距離ができそうなのですが。

ただ、グレイシーとの仲が進展したのは良かったですね。

カナリア達の方は、噂を確認するだけのつもりが、セザールの負傷とルナ・シンクレアの失神という、予想外の結果になってしまいました。

ルナ・シンクレアは今回招待されたことで、恐ろしい思いをしてしまいましたが、誰もいない所ではなく、カナリア達の目の前で起きたということだけは、まだ良かったのかもしれません。

グレンのせいで皇子がケガを負ったというで、ブラウン子爵を追い詰めることができるでしょうか。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください