漫画「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」102話のあらすじと感想!ネタバレ有り

※ 全話一覧はコチラ

漫画アプリ・ピッコマで連載中の「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」原作Nokki、作画AhBin、原題・양판소 주인공의 아내로 살아남기 

毎週金曜日に最新話が更新されます。

前回のエピソードはコチラ

漫画「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」102話のネタバレ

カナリアは、セザールが皇帝の実の息子ではないという、酷い噂を報告してきたダルトン公爵夫人に、実の息子でなかったらファーンハム家があれほど対抗してくるわけないのにと、笑い流す。

このダルトン公爵夫人は、ホラ吹きの要注意人物なので、カナリアは彼女と親しい関係を維持するために、プレゼントを渡した。

カナリアは夫人をおだてるが、いい加減な噂を広めるこの夫人に対し、内心ではかなりイライラしていた。

そうして社交活動を続けたカナリアは、疲れ果ててしまった。

セザールが心配して彼女を支える。

セザールの方も社交活動をしていたのだが、ファーンハム家が先に手を回していたため、会話を避ける貴族が多かった。

だがランカスター家のパーティーに参加しているところをみると、まだセザール側に寝返る余地はあった。

すると、現時点で帝国で一番人気のオペラ歌手、ルナ・シンクレアの公演が始まり、会場が沸いた。

貴族の心を団結させるのが目的のパーティーだが、ルナ・シンクレアを呼ぶことで、ある人物を呼び寄せる目的もあった。

ジェラルドがリカルドの父を殺したのだが、心臓病でなくなったと診断され、ジェラルドの犯罪を指摘することはできなかった。

診断したファーンハム家の主治医ブラウン子爵は、もとは平民だったが、ジェラルドが当主になると子爵の地位と屋敷を手にしていたので、ジェラルドに買収されたようだ。

そのブラウン子爵は、接触することが難しかったのだが、彼の1人息子グレン・ブラウンはルナ・シンクレアの熱狂的なファンだったため、パーティーにルナ・シンクレアを呼ぶことで、狙い通り、グレン・ブラウン子爵令息が会場に忍び込んでいたのだった。

超人気歌手のルナ・シンクレアを招くことができた、ランカスター家の裕福さは相当なものである。

ルナ・シンクレアの公演が終わり、彼女が会場から出ていくと、グレンもキョロキョロしながら、どこかへ向かった。

グレンの噂を確認するため、泳がせたのだった。

その頃、グレイシーは貴族たちとの挨拶を終えたところだった。

バルコニーから会場を見下ろすと、セリアナ嬢と過ごすラヤの姿が見えた。

セリアナ嬢は、自分のすぐそばに人が通った瞬間によろめき、ラヤの服に飲み物をかけてしまった。

ラヤはハンカチで拭けばいいと、ハンカチを取り出そうとするが、セリアナ嬢は騒いで、着替えのためにゲスト・ルームに案内してほしいと、使用人を呼びつけた。

仕方なくセリアナと使用人につていくラヤ。

グレイシーは、ぶつかってもいないのにセリアナが仕掛けたことに気づき、怒りで扇を握りしめるのだった。

漫画「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」102話の感想

セザールが皇帝の実子ではないとか、あまりに酷い噂にカナリアは頭がいたいでしょうね。

しかも相手は公爵家という、かなり地位のある人物なので、変に荒立てるわけにもいかないので、対応に苦労します。社交中心の世界は、常にストレスで胃痛に悩まされる気がします。恐ろしい。

きつい仕事ですが、効果はあったのでしょうね。

セザールが勝つには、ファーンハム家のジェラルドを黙らせる必要があります。

ジェラルドは、目的のためにかなり道を踏み外しているので、このまま見逃すわけにはいかないですよね。

ジェラルドの罪とファーンハム家の罪を明らかにするために、カナリア達とリカルドで、それぞれ詳しく調べている途中です。せっかくおびき寄せたグレンを、有効に活用できるといいですね。

さて、ラヤを独占しているセリアナですが、したたかな女性でした。ラヤと二人きりで休憩室に入り、男女の仲だと周囲に思わせるのでしょうか。

ラヤもしっかり断ればいいのに、何故こんなにヘタレなのか。前回も今回も、ラヤは流されるままですね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください