漫画「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」104話のあらすじと感想!ネタバレ有り

※ 全話一覧はコチラ

漫画アプリ・ピッコマで連載中の「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」原作Nokki、作画AhBin、原題・양판소 주인공의 아내로 살아남기 

毎週金曜日に最新話が更新されます。

前回のエピソードはコチラ

漫画「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」104話のネタバレ

セザールの治療をするカナリアは、グレンの異常にブツブツ文句を言いながらも、自分のせいでセザールがケガしたことを気にしていた。

セザールは、カナリアがケガすると胸が痛くなると言うので、カナリアは、それは自分も同じ気持ちだと言い、二人は口づけした。

良い雰囲気になったので、ドレスを脱ぐことになったが、カナリアがドレスの背中側から脱がすように頼んでも、彼はうまくできず、力任せに引きちぎってはダメかと言う。

カナリアは、職人が刺繍してくれた一点ものだからダメだと言うのだった。

その後、目覚めたルナ・シンクレアから、グレンによるストーカー被害についての話を聞く。

つきまとい以外にも、屋敷に侵入されたことや、下着などがなくなったこともあったので、彼女はもう限界だった。

グレンはファーンハム家の庇護を受けていることもあって、いくら帝国一の歌手であっても彼女は平民なので、、保安官たちは相手にしてくれなかったそうだ。

我慢し続けるしかないのかと、ルナ・シンクレアは嘆いた。

グレンがここまで悪質なことをしているとは思わなかったカナリアは怒り、もう二度とこのようなことが起きないように、手を貸すと申し出た。

そこでカナリアが思いついたのは、ルナの愛用品が出品されるオークションイベントで、落札金額の合計が一番多い人はルナと単独で食事ができるというものだった。

セザールは、グレンがその告知を見ていたことを確認する。

カナリアは、イーサンを正装させ、オークションでグレンが入札しようとするものを高額で入札しお金を使わせること、落札金額がグレンより高額になるように入札するように指示する。

カナリアは、イーサンがオペラ歌手の熱烈なファンだと社交界で噂されるようになるかもと心配するが、イーサンは、女装よりマシだと言う。

このオークションが計画通りに動けば、グレンを金銭的に追い詰めようと考えるのだった。

漫画「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」104話の感想

カナリアとセザールは、相変わらずの熱々ぶりですね。セザールが不器用だったおかげで、グレイシーのパーティーで羽目を外さずに済んで良かったのでは。

グレンの件は、想像以上にヤバイ人物でしたね。屋敷に侵入しているとか、恐ろしくてたまりません。

カナリアは、ルナに対するグレンの執着心を利用し、金銭的に追い詰めることにしました。

イーサンに正装?させていたのですが、相変わらずお人形のようでした。本人はそれでも、ドレスではないから良かったようですね。

オークション中については、カナリアがイーサンをサポートするようです。

これを成功させて、グレン排除と、ファーンハム家の罪を暴けると良いですね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください