漫画「実は私が本物だった」最新話33話のあらすじと感想!ネタバレ有り

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「実は私が本物だった」原作March、漫画yuun、原題 사실은 내가 진짜였다 

毎週土曜日に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

漫画「実は私が本物だった」最新話33話のネタバレ

キイラとエレズは、名乗って握手をする。

ダフネの兄なので、ショア家の教育に問題はなさそうだが、キイラはエレズを自由奔放な人だと思った。

エレズはしばらく首都にとどまるとのこと。

キイラは、パートナーを待たせているからと言い、ジョゼフ卿のもとへ戻った。

キイラが出ていくと、エレズは回帰前に何があったのかと、ため息をついた。

キイラはジョゼフに、先ほどの男性は初めて見る人だったが何者か、回帰者とは何かと訊かれたので、さすがに本当のことを説明するわけにもいかず、彼は魔塔の魔法士で、時間魔法について報告してもらったと答える。

ジョゼフの質問にうまく答えることができず、キイラが目をそらすと、ジョゼフは出過ぎた真似をしてしまったと謝る。

キイラは、過去に何があったのかと考え込み、ジョゼフは、彼女には話せない秘密があることを知り、距離を感じてしまうのだった。

二日後、キイラがエレズと二人きりで休憩室にこもったことが知られ、二人は結婚前提で交際しているのではないかというニュースが新聞に載ってしまった。

ラディックは、その新聞を前にうなだれる。

ジークは、キイラが噂されていることを心配し、本当に結婚するわけではないのだろうと言うが、キイラは、コゼットが現れれば結婚のことなど大した問題ではなくなると考え、特に否定はしなかった。

ふと、ショア家から連絡はあったかとメイドに質問したため、他のメイド達は、ショア家の連絡を待つということは、噂は本当なのではないかとひそひそ話し始めた。

それが聞こえたラディックは、泣きそうな顔になる。

キイラが大伯母の家に数日滞在する日だったので、ジークと見送りのハグをし、馬車に乗って出発した。

キイラは、コゼットが現れる前に、精霊の手がかりが得られますようにと祈るのだった。

漫画「実は私が本物だった」最新話33話の感想

エレズは魔塔所属ですが、しばらく首都に留まってくれるそうなので、相談相手ができましたね。

あとは叔母から精霊についてのヒントをもらえば、少しは進展するのではないでしょうか。

ジョゼフは、回帰した秘密を教えてもらっていないので、ここにきて彼女と距離を感じてしまいました。ですが、きっと彼ならそこで変に落ち込まず、彼女を精一杯支えてくれるのではないかと思います。

協力者が増え、キイラは少しずつ前に進んでいますね。

そんな中、ラディックだけ様子がおかしくなっています。やはり娘に男ができるというのは、父親として受け入れがたいものなのでしょうか。

しかも相手がめちゃくちゃチャラそう。ただ有能な魔法士なので、将来性はあります。

もし、心優しく頼もしいジョゼフがいないのであれば、魔法士としてズバ抜けているエレズと、唯一の精霊士キイラの組み合わせは最強ですし、なかなか良いかもしれません。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください