漫画「お父さん、私この結婚イヤです!」最新話30話のあらすじネタバレと感想

無料漫画アプリ・ピッコマにて連載中の「お父さん、私この結婚イヤです!」原題:아빠, 나 이 결혼 안 할래요

皆に嫌われる悪女ジュベリアンに生まれ変わってしまた主人公は、割り切って父のお金で裕福に暮らそうと考えた。だがサイコパスな皇太子が自分の結婚相手だと知り、父の弟子であるマクスに契約恋愛を申し込む。そのマクスの正体は、サイコパス皇太子マクスミリアンだとは知らずに。それぞれの思惑と勘違いで迷走する、恋愛ファンタジー漫画です、

毎週日曜に最新話が更新されます

漫画「お父さん、私この結婚イヤです!」最新話30話のネタバレ

サロン・ブルームス尖塔に戻ったマクスは、非情に機嫌が悪かった。

フレジアが恐る恐る何があったのか尋ねると、女が結婚相手から逃げる意味は何かと言うので、相手が嫌だという以外に答えが必要なのかと言う。

ジュベリアンはそれほど自分との結婚が嫌なのかと、思い詰めるマクスミリアン。

フレジアに、プロポーズしたのに逃げたいと言われてしまったのかと指摘され、むしろ向こうが恋愛しよう言ったのだと、マクスは打ち明けようとしたが、フレジアが興味津々だったため黙った。

フレジアは、皇帝が帰還を催促していること、皇后側がまた刺客を送ってきたので、ひとまず生かしておいたことを報告する。

現皇后イザベル・ラスティ・アシェットは、マクスミリアンの母の死の黒幕で、再び動き始めたとのこと。

マクスミリアンは、皇后にどう残酷に仕返ししようかと考えていると、ジュベリアンの言葉を思い出したので、刺客は殺さないことにした。

意外なマクスミリアンの指示に、フレジアは驚く。

しかもマクスミリアンは、自分宛てに見合いの話はきていないかと、照れだした。

フレジアが、そんな話があったらすぐに報告していると言い、見合い話など無いことを伝えると、彼はひどく落ち込んで帰宅した。

その頃フロエン邸では、ジュベリアンは、久々に父レジスとの和やか(ギクシャクした)夕食をとっていた。

父に話しかけられたジュベリアンは、どうか見合いの話ではありませんようにと思ったが、レジスはこの前のパーティーでマクスとジュベリアンがいい雰囲気だったことを考えていたので、皇太子はどう思うかと問うた。

ついに見合い話が来たと、真っ青になるジュベリアン。

ジュベリアンは、建国史の話などをして適当にごまかし、皇帝の遺物には色々なものがあるようだと言うと、レジスが真っ青な顔で固まってしまった。

気まずくなった彼は、やることがあるからと席を立った。

庭園に出たレジスは、ジュベリアンが皇室について勉強しているとは思わず、皇帝の指輪について気づかれたらどうしたものかと思い悩んだ。

娘が最近になって皇室の勉強をしているのは、マクスと出会ったことと関係があるのだろうか、悪い噂のある皇太子でも受け入れるということはと、思い詰める。

そこへジュベリアンがやってきて、顔色が悪いようだから気になったと言う。

本心では、自分がやらかしたかどうかが気になっていた。

僕を心配してくれたのかと、心が温かくなったレジスは、ジュベリアンに自分の上着を羽織らせる。

そして、皇太子についてよく調べた方が良さそうだと言う。

ジュベリアンは、自分を殺すかもしれない男についてよく調べろとはどういうことなのか、やはり皇太子と結婚させる気なのだ、そんなの絶対にイヤだと思った。

父レジスは、ジュベリアンの幸せのためにマクスとの交際は反対だった。

一方ジュベリアンは、彼にもう一度契約恋愛を提案しようと考えるのだった。

漫画「お父さん、私この結婚イヤです!」最新話30話の感想

かなりギャグよりの漫画なので、まとめてみようかどうしようか悩んでいたのですが・・・好きで毎週読んでいます。

突き抜けたノリがいいですよね。

それぞれが酷く勘違いしているあたりも、面白くて好きです。

ジュベリアンに求められているのに、皇太子としては拒絶されているマクスミリアン。いつかは誤解が解けるのでしょうけど、レジスが二人の仲を、誰が相手でもジュベリアンの結婚を認めることができなそう。

エピソードの終わりに、各キャラクター紹介が載っていました。ジュベリアン、マクスミリアン、レジスの3人です。

次回もキャラクター紹介があるそうですが、シルエット的にミハイルのようですね。

さて、ジュベリアンからまた契約恋愛を持ちかけられるであろうマクスミリアン。彼の精神は耐えることができるのでしょうか。いつ正体がばれるのでしょうね~


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください