漫画「盗掘王」最新話208話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「盗掘王」漫画3B2S、脚色Yuns、原作sanji-jiksong、原題도굴왕

毎週火・金曜日に1話ずつ、最新話が更新されます。

前回のエピソードはコチラ

漫画「盗掘王」最新話208話のネタバレ

円卓のメンバーであるジョシュアが、遼河に拉致されてからいつまでも行方知れずのため、イブ・ロックフェラーは部下を怒鳴った。

イブは、ロスチャイルドが戻る前にジョシュアを見つけ出したかった。

すると遼河が予言チャンネルを始めたという報告が入る。

動画の遼河は、遺物で得た予言をジョシュアは高値で売っていたが、自分たちとジョシュアがコラボすることで、今度からは無料で運命王の予言を知ることができる、ありがたいならうちの商品を購入するよう言い出した。

あまりの内容に、イブは部下のスマホを破壊する。

弱小勢力や一般人は遼河の放送に喜んだが、ジョシュアで利益を得ていた者たちは、なんとか居所をつかもうと躍起になり、妨害工作を始めた。

遼河達は、ジョシュアの居場所がばれないように対策済みだった。

炎上コメントがついたとしても、実際に放送が始まると意味がなかった。

柳やアイリーン、遼河までも司会として動画に登場し、スポーツや金融についての予言を放送した。

面白いぐらいに動画再生数が伸び、広告収入を沢山得ることができた。

また、パンドラや他の発掘団向きには虚偽の放送を流し、損するように仕向けた。

予言が当たらないと文句を言われたとしても、予言に対し行動が大きく変われば、未来も変化するのは仕方のないことだと説明した。

予言放送は遼河の思惑通りに進んだ。

遼河はジョシュアのところに行くと、そろそろ次の七大墓の情報を寄越せと命じた。

しらばっくれようとするジョシュアだが、エジプトわんころ3頭に囲まれ脅される。

遼河に騙された遺物使用者の団体は、現状を打破するために、共同でお金を集め、発掘団解体御者に頼もうと考えるのだった。

漫画「盗掘王」最新話208話の感想

ジョシュアが面白いことになっていますね。これまで他人を利用していた分、遼河達に利用されているようです。

運命王の予言チャンネルは見てみたいですね。

遼河の作戦によって、振り回されている他の発掘団は、発掘団解体業者に頼むことにしました。

そんな組織が前からあったのなら、既に利用していたと思うので、できたばかりの組織なのでしょうね。

パンドラでも手こずる相手なのに、遼河達を追い込むことなどできるのでしょうか。

対人に特化した狩人の集団かもしれないので、ダンが活躍する時がきたのかも・・・?


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください