漫画「盗掘王」最新話209話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「盗掘王」漫画3B2S、脚色Yuns、原作sanji-jiksong、原題도굴왕

毎週火・金曜日に1話ずつ、最新話が更新されます。

前回のエピソードはコチラ

漫画「盗掘王」最新話209話のネタバレ

発掘団解体業者は、金さえつめばまともな発掘団でも容赦なく攻撃するような無法者の集まりだったので、彼らに依頼するのは躊躇われたが、今はこうするしかないと言う意見に流された。

発掘団解体業者には、遼河の発掘団を攻撃しろという依頼が多く届くようになった。

とある解体業者の会長は、部下のイリヤに、遼河達を全員捕まえて、洗脳して使えるようにしておけと命じる。

一方遼河は、最近になって敵の捜索活動も厳しくなってきたので、団員達には武装するように指示した。

一番気をつけるべき柳は、別の場所で未来予報の撮影をしていた。

記憶が戻った柳は、実力も勘もアップグレードしていたので、帰り道に拳銃を持ったものに襲撃されても、余裕で撃退できた。

だが、道端に落ちていた帽子から大蛇が現れ、柳は丸呑みにされてしまう。

大蛇はイリヤの遺物だった。

夜になっても柳が戻らないので、雪が探知遺物を使うことに。

その頃柳は、ドロドロした液体とともに大蛇の胃まで流され、何故か胃の中にいた象に踏みつけられそうになるのだった。

漫画「盗掘王」最新話209話の感想

発掘団解体業者はいくつかあるとのことで、パンドラを通して依頼していました。

そうして依頼を受けた発掘団解体業者は、アップグレードした柳を捕らえたので、かなりの実力者のようですね。

雪が柳の捜索をはじめましたが、遺物の腹の中だと見つけることができないのでは。

柳自身の力で抜け出ないといけないですね。

支援キャラの柳にとってはなかなか厄介ですね。しかし何故象がいたのでしょうか。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください