漫画「私が娘ですか?」29話の作品内容とあらすじネタバレ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「私が娘ですか?」原作:Flow、漫画:HASH、原題:내가 딸이에요?

毎週水曜日に最新話が更新されます

前回のエピソードあらすじはコチラ

漫画「私が娘ですか?」29話のネタバレ

検証の儀が始まり、皇帝が試薬をいれた器を持った。

ヘイリンは神官に針で指をつかれ、血を容器にいれる。

その容器から試薬に注ぎいれたところ、紫色に変化した。

これではカリストの血筋として認められないと、大騒ぎになる。

皇帝は、見た目は騙せても血は騙せないと、にやにやしながら言い、枢機卿に血族ではないと宣言させた。

皇帝は、この責任をとってもらうぞと、ヴィンセントにささやいてその場を去った。

試薬が入れ替えられないよう監視させていたが、失敗した。

皇帝の言動が引っかかっていたヴィンセントは、直後の会議でザカリー伯爵にヘイリンを戻すように言う。

皇帝は、実子だと言うから検証したのに愚弄するのかと声を荒げる。

ヴィンセントは、検証の際、ヘイリンから採血するときに皆の注意がそれ、そのタイミングですり替えられたのだろうと考えていた。

そこで、あの儀式には問題があった、自分が神殿内をすべて暴き、皇帝の心を煩わせたものを見つけ出し、潔白を証明してみせると話した。

そしてヘイリンの再検証を行いたいと申し出るのだった。

漫画「私が娘ですか?」29話の感想

検証の儀は、やっぱり無事には終わりませんでしたね。

試薬だけ無事でも、器具などに何か混ざっていればもうアウトなのでは。

悪意しか見えない儀式で、あの皇帝のニヤニヤ顔を見ると、なんとも憎たらしいですね。

ヴィンセントは異母姉妹かもしれない彼女を守るために、神殿を調べ尽くすようですが、既に証拠は消されていそう。

なんとか守り切ることができればいいのですが。一旦ザカリー家に引き渡すのは、処刑回避のためでしょうか。

ヘイリンは恐ろしくてたまらないでしょうね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください