漫画「私が娘ですか?」30話の作品内容とあらすじネタバレ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「私が娘ですか?」原作:Flow、漫画:HASH、原題:내가 딸이에요?

毎週水曜日に最新話が更新されます

前回のエピソードあらすじはコチラ

漫画「私が娘ですか?」30話のネタバレ

その頃、皇帝の命令で、ヘイリンは近衛に連行されそうになっていた。

もうカリスト家の血筋でないのは判明したのだから、これ以上抵抗するならば反逆とみなすと言い、近衛は剣を抜いた。

ヘイリンはひどく怯えたが、どうせ自分は偽物なのだからと心が折れそうになる。

だが、カリスト家の騎士と司祭のジェイドは、ヘイリンの前に立ち、彼女を守ろうとした。

ヘイリンは、公爵の娘でもないのにこれ以上迷惑をかけられないと思い、二人の間を抜け、近衛へと足を踏み出す。

騎士は、公爵が解決して戻ってくるから行ってはだめだと止めるが、ヘイリンは、私は公爵様の娘ではない、大丈夫ですと言い、最後にお礼として騎士を抱きしめて、近衛についていった。

ヘイリンが案内された先に、婦人とメイドが待っていた。

偽物のくせに皇族のような服を着ているなとバカにされたが、あの方に謁見するのだからそれなりの服装に着替えるよう指示がでた。

馬車に乗せられ、見知らぬ宮殿へ。

ヘイリンは、カリスト家の人々にもう二度と会えないかもしれないと思い、ありがとうと言えなかったと寂しくなる。

馬車から降りると、第二皇子に似た少年が待っていた。

この方はハイペリオン・ルエイリ・アナスタス皇太子殿下だ、礼をつくせと、彼の側近に注意され、ヘイリンは慌てて頭を下げる。

皇太子はヘイリンの顔をまじまじ見ると、宮殿を騒がせたわりに上級品ではないのだなと見下すのだった。

漫画「私が娘ですか?」30話の感想

ヘイリンが連行されてしまいました。

いくら後で公爵が助けに来ると言っても、叛逆になると言われてしまえば、巻き込むわけにはいかないと思ってしまいますよね。

でもすぐに処刑などにならず、良かったです。

とりあえずは、意地悪そうな皇太子に会うことで時間を稼げたようですね。

目つきの悪さは父親譲りですね。第二皇子とは雰囲気が全然違います。

しかし何が目的でヘイリンと皇太子が会うことになったのでしょう。ザカリー伯爵はどうしたのでしょうか。

とりあえず早くヘイリンがカリスト家に戻れると良いですね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください