漫画「盗掘王」最新話206話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「盗掘王」漫画3B2S、脚色Yuns、原作sanji-jiksong、原題도굴왕

毎週火・金曜日に1話ずつ、最新話が更新されます。

前回のエピソードはコチラ

漫画「盗掘王」最新話206話のネタバレ

雪、クロエ、ユリアンは、柳を追ってジョシュアの別荘へ向かう。

一方、柳は遼河に指摘された通り、前世は罪悪感で自殺をしたのだと打ち明けた。

なんとなく荒縄で殴る遼河は、自殺なんかするんじゃないと明るく話す。

殺してくださいと叫ぶ柳だが、遼河は拒否する。

自分は裏切り者だ、自分のせいで皆が死んだのだと必死に訴えるが、遼河は、今回はまだ違うだろうと言う。

柳はすぐに脱出したので、クロエから話を聞いておらず、今がどのような状況か把握していなかった。

遼河は、理由はわからないが新しい人生を得て15年前に戻っていること、遺物で記憶を取り戻したことを話す。

柳を連れて移動しようとする遼河に、罪を犯しているのにいいのかと尋ねる柳。

遼河は、柳の浅はかさが害を及ぼしたのは事実なのでなかったことにはしないが、あの日の直接的な原因ではないと言う。

柳の能力を考えたらもう一度チャンスを与えても良いと判断した、それでも死にたいなら殺してやると言い、遼河は柳に剣を向け、柳に選ばせた。

柳は、もう一度チャンスがほしいと泣くのだった。

その後二人は、ハンバーガーショップへ。

そこへ激怒したユリアン達が現れ、柳は冷や汗でダラダラに。

遼河はユリアンに、柳が被害を与えたのは事実だが故意ではなかったから、もう一度チャンスを与えることにしたのだと説明する。

ユリアンは、何故勝手に決めるのだと言い、遼河とユリアンのオーラがぶつかり合う。

クロエが、店に迷惑がかかるから場所を変えようと言い、あの日に命を落としたのだから詳しい説明が欲しい、話を聞いてから判断すると提案した。

遼河は納得し、オーラを引っ込める。

そして宿に戻り、柳は怒る皆の前で、震えながら説明することになったのだった。

漫画「盗掘王」最新話206話の感想

遼河は柳にチャンスを与えましたが、同じく罠で死んだ団員たちは、詳しい説明を聞いてから判断したいと言いました。当たり前の要求ですね。

ユリアンが異様に怒っているのは、ダ・ヴィンチを放棄してまで仕掛けた罠のせいですね。殺人犯扱いにしたのですから。

それに自分たちを信用していないとも感じたのでは。

柳があの日の裏切り者かもしれない上に、不愉快なことが続いたので、ユリアンはブチ切れる寸前です。

柳はなんとか納得してもらえると良いですね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください