漫画「私が娘ですか?」28話の作品内容とあらすじネタバレ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「私が娘ですか?」原作:Flow、漫画:HASH、原題:내가 딸이에요?

毎週水曜日に最新話が更新されます


悪魔のような伯爵に監禁・虐待された上、18歳で焼死したヘイリンは、伯爵に引き取られる前の7歳の頃に転生する。伯爵の馬車から逃げる途中、カリスト公爵のヴィンセントと出会う。カリスト公爵家に保護されたヘイリンは、実はカリスト家の血筋だと判明する。

恋愛ファンタジー漫画です。

漫画「私が娘ですが?」28話のネタバレ

皇帝に謁見したヘイリンとヴィンセント。

皇帝はヘイリンに歳など聞くも、全てヴィンセントが答えるため皇帝がイラついてしまったので、ヘイリンは叫ぶように7歳ですと答える。

ヴィンセント18歳のときの子供かと言われ、ヴィンセントは殺気を滲ませる。

ヘイリンは皇帝に近くに来るように言われたが、ヴィンセントが抱き上げ、具合が悪いのでとかばう。

検証の儀まで、残り時間を有意義に過ごすようにと、皇帝は嫌な笑みを浮かべる。

既に仕組まれていたので、カリスト公爵側で買収された司祭を処理し、すり替えられた試薬も本物に戻した。

ヴィンセントは、念の為、試薬の再確認と司祭の監視を行うよう指示する。

検証の儀のため、祭壇へ向かうヘイリンは、自分は偽物なのに大丈夫なのか、公爵が本当の父ならいいのにと思う。

ヴィンセントは、今回担当する新しい枢機卿が信用できるかどうか気がかりだった。

ヘイリンにカリストの名を名乗らせ、何があってもカリストの名がお前を守ってくれると言い、励ます。

そうして貴族たちが注目する中、検証の儀が始まるのだった。

漫画「私が娘ですが?」28話の感想

ヘイリンがカリストの血筋だと認められれば、王太子妃に。認められなければ、死刑になります。

カリスト公爵家の力を削ぎたい皇帝は、どっちに転んでもそれなりにカリスト家に影響を持てるので、検証の儀で不正が行われることを黙認するようですね。

しかしあの悪人顔の皇帝から、何故あのような天使顔の皇子が生まれたのでしょう。

ここで処刑になるような展開ではないと思うので、血筋が証明されてノアと婚約できればいいのですが、第2皇子なので難しいですかね~第1皇子は皇帝そっくりだったらきついですね。

さて、怪しい検証の儀が始まりましたが、無事に終了するといいですね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください