漫画「皇女、反逆者に刻印する」23話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「皇女、反逆者に刻印する」原作・IRINBI、漫画・SAGONG(COPIN)、原題・황녀, 반역자를 각인시키다

毎週木曜日に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

漫画「皇女、反逆者に刻印する」23話のネタバレ

ロゼニットとブリジッテは、皆の注目を受けるイヴを遠くから睨んでいた。

新緑の間は、離れで一番豪華な部屋なので、皇帝がイヴを特別扱いしているのが明らかになったからだ。

イヴが貴族らと談笑しているとき、今回接触すべき最重要人物であるアナイス・ルチアード小伯爵が視界に入った。

だが話しかけようと思っても、イヴに群がる他の貴族たちのせいで、動くこともままならなかった。

ようやくその輪から離れたイヴ。

その様子をブリジッテ一派が眺めていたが、イヴを警戒する側近に対し、ブリジッテは、皇帝はイヴが初めてまともなことをしたのがよほど嬉しかったのだろう、所詮枢密院の会議に参加できないのだと、イヴを見下した。

そこへ、浴場事業のことで何度もブリジッテに手紙を送っていた、アナイス令嬢がやってきた。

側近らはしつこいと令嬢を煙たがり、ブリジッテはアナイスを無視する。

アナイスはショックのあまり、呆然と立ち尽くした。

一方イヴは、あまりにも疲れてしまったので、休憩するために真珠の間へ向かった。

そこは宴会中に疲れた人のための休憩スペースなのだが、実際は快楽にまみれた皇室が認めた、密会の場だった。

イヴは躊躇いなくその部屋に入ったが、ミカエルはついにこの時が来たのかとゴクリと、ギクシャクしながら部屋に入った。

イヴはミカエルの勘違いに気づき、緊張しないで、ただ休むだけだと教える。

そのエリアは、使用中の部屋が多い割に、ひっそりと静かだった。

イヴは、防音結界が張られているのだと説明する。

イヴは、そのような生活魔法に長けていたが、攻撃魔法はからきしだった。

ミカエルは、自分がイヴの剣になるからイヴが戦う必要はないと微笑む。

イヴは、その言葉がたとえ刻印の影響であっても嬉しく思った。

誕生パーティーも終盤になったので、イヴはミカエルに、本日最大の目的であるアナイス小伯爵を連れてくるように頼むのだった。

漫画「皇女、反逆者に刻印する」23話の感想

ブリジッテの側近は、急速に力をつけてきたイヴを警戒しますが、ブリジッテはその高慢さが災いしてか、イヴを見下す方に意識が向き、イヴを軽視しています。

こういったところが、後々で響きそうですね。イヴはこの隙にどんどんと有力貴族と接触しなければ。

ただ、慣れないことをしているので、かなり疲れてしまいました。そこで休むために向かった場所は、ほぼ情事にしか使われない部屋です。そりゃミカエルも勘違いしますよね。

ミカエルは以前彼女と関係をもつことに青ざめていましたが、今では満更ではないようです。

しかしあの部屋は、出入りをパパラッチされるとのことなので、二人がそういった関係であると周囲には認識されるのでしょうね。

皇族であればホムンクルス相手にすぐそういった行為をするので、珍しいことではないのでしょうけど、純真な二人からすると気恥ずかしく思いそう。

さて、浴場事業を手掛けるアナイス小伯爵との接触を狙うイヴですが、ちょうど彼女がブリジッテに無視されたところなので、イヴ側に引き込めるかもしれないですね。

まとめ

・皇帝の寵愛がイヴに向いているため、貴族たちはイヴを持ち上げ、ある者は警戒しているが、ブリジッテはまだ見下していた

・イヴは休憩と交渉のために、防音結界が張られた休憩室へ移動する

・誕生パーティーが終わるので、イヴはミカエルに、浴場事業を手掛けるアナイス小伯爵を連れてくるよう頼む


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください