漫画「帰還者の魔法は特別です」131話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで配信している、アクション&転生&ファンタジーの漫画「帰還者の魔法は特別です」原作Usonan、漫画Wookjakga ( 귀환자의 마법은 특별해야 합니다  )

毎週木曜日に最新話が更新されます。

前回のエピソードはコチラ

漫画「帰還者の魔法は特別です」131話のネタバレ

デジールとロマンティカは、敵が奇妙な回復能力をもつホムンクルスであること、普通の魔法では倒せないことを通信で話す。

ロマンティカにサポートしてもらい、デジールは倒す方法を探ることに。

いくら攻撃しても躱してしまう相手に、どうすればいいのかと、デジールは必死で考える。

そして、回復できるのに、何故攻撃を避ける必要があるのかと考えつく。

するとプルースが、これで発表会を終わりにすると言い、指を鳴らす。

ホムンクルスの体についているチューブが外れ、多くのマナを集め始めた。

因果律を操り、マナをかき集めることができるようだ。

デジールはとっさにロマンティカに駆け寄り、抱きかかえて身を伏せる。

ホムンクルスから巨大な魔法攻撃が放たれ、屋敷に大穴が開いた。

プルースは、実験材料が亡くなったのはもったいないが、面倒は避けたいと言う。

だがデジールとロマンティカが生きていたので、ランク3程度の魔法使いがどうしてと、プルースはとても驚く。

すぐにもう一度、同じ攻撃の準備に入る。

デジールはオーロラシステムで無事だったのだが、一度きりしか使えないため、自分にできる最大の攻撃魔法を使うしか無いと判断し、残りのマナ全てを使い、合わせ魔法インフェルノストームを放った。

もしこれを食らっても因果律をねじまげて無事だったのなら、本当に終わりだった。

ホムンクルスはダメージを無効化できなかった。

デジールはこのホムンクルスの動力が人間のマナであること、だから魔術師が必要だったことを理解する。

プルースは、再生しなくなったホムンクルスに怒鳴り立てる。

ロマンティカがホムンクルスの足を撃ち抜くと、やはり回復しなかった。

悲しそうなホムンクルスの目に気づいたロマンティカは、安らかに眠ってもらうと呟くのだった。

漫画「帰還者の魔法は特別です」131話の感想

ホムンクルスの持つ因果律を曲げる能力は、相当なマナを消費するのでしょう。

おまけに特大魔法を連射することになり、とうとう因果律をいじることができなくなりました。

プルースに命を弄ばれ、能力も失ったホムンクルスは、もう疲れてしまったようです。無理矢理実験材料にされたホムンクルスは、本心ではもう終わりにしたいのでしょうね。

今回はオーロラシステムと合わせ魔法が活躍しました。アウター対策用でしたが、開発しておいて良かったですね。

まとめ

・ホムンクルスの因果律をいじる能力には制限があった

・デジールは合わせ魔法でホムンクルスを追い詰める

・ロマンティカはホムンクルスが苦しんでいることを察し、苦しまないようにトドメを刺すつもりだ


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください