漫画「シャーロットには5人の弟子がいる」78話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※最新話・各エピソード一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「シャーロットには5人の弟子がいる」原題・샬롯에게는 다섯 명의 제자가 있다

毎週土曜日に最新話が更新されます。

前回のあらすじはコチラ

漫画「シャーロットには5人の弟子がいる」78話のネタバレ

現れたジェフリーは、ペイル・リハートはクラウスも指名手配しているので、ジェフリーの仕事でもあると言い、マーベルの皇帝も許可したという書簡をシャーロットに渡した。

一行はジェフリーとマーベルの魔術師を加え、洞窟内を進む。

すると本体の分身である蜘蛛の集団に遭遇したので、ダンが燃やす。

その先ではペイルが待っていて、人数が増えたことを歓迎しているようだった。

エルドが、テンジェルはどこだと叫ぶと、ペイルは、テンジェルはエルドが戻ることを望んでいたが、偉大な事には犠牲が必要だと思うし、テンジェルには自分だけがいればいいと思うと話しだした。

ここに足を踏み入れた瞬間から運命は決まっていた、そんなに恨まないでといい、手を叩いて音を鳴らした。

だが何も起きず、ペイルは慌てて何度も手を鳴らすが、ただ拍手するだけになってしまった。

こうしたかったのかとシャーロット手を叩くと、仕掛けられていた魔法陣が発動した。

古くに使用された魔法陣で、時期もレベルもペイルが張ったものではないようだ。

エルドは、魔法陣を容易に書き換えたシャーロットの技術に驚く。

シャーロットが、この魔法陣を構築し、権限を与えたものは誰かと尋ねると、ペイルは大魔術師エレノアだと気づき、パニックになる。

エルドがテンジェルはどこだと言っても、錯乱中のペイルは、テンジェルが殺されてしまうと言い、ろくに答えることができない。

わかったのは、テンジェルが多くの人間を殺したこと。

犯人はその罪にふさわしい裁きを受けると聞いていたエルドは、シャーロットの差し出す手をとることができず、その場から逃げ出してしまうのだった。

漫画「シャーロットには5人の弟子がいる」78話の感想

ペイルが拍手したので、ジェフリーも叩いてあげてましたね。さすが性格がねじ曲がっているジェフリーです。

シャーロットがルイスターと呼ぶときは反応しないのに、ジェフリーと呼ばれたら反応しましたね。そうやって名前で呼ぶように定着させたのでしょうか。ちなみにジェフリーはロティーと愛称で呼んでいました。

ペイルとテンジェルは、もう80人以上も人を殺しているので、あちこちで指名手配されていました。

エルドは、テンジェルが巻き込まれただけで、主犯だったとは思わなかったので、ショックで姿を消してしまいましたね。たぶんまだテンジェルを信じていて、彼女に会って問いただすつもりではないでしょうか。

エルドの説得で気持ちが動くようなら、とっくにこんなことは止めていると思います。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください