漫画「異世界剣王生存記」74話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※各エピソード一覧はコチラ

漫画アプリ・ピッコマにて独占配信中の「異世界剣王生存記」原題・이계 검왕 생존기

毎週水曜日に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

漫画「異世界剣王生存記」74話のネタバレ

エルフ王国と大陸をつなぐ、人口10万の貿易都市ソロンディアに到着したのは、エルフの令息ラオンデル・アトランサスと、キブリエルの化身キビエだ。

ラオンデルは身バレしてはまずいようで、名前を呼ばれるのを嫌がる。

彼は、キビエを人間だと勘違いしたまま、キビエを護衛としてソロンディアまで歩いてきたのだ。

人間には名誉も高貴さもないと見下していたのだが、人間以上の何かを感じるキビエに惹かれていた。

ラオンデルがごろつきに襲われて気を失ったとき、キビエがラオンデルを膝枕して見守ってくれていた。

ラオンデル・アトランサスの生存を確認した、キビエの保護を求めると、機械のような口調のキビエに、出身はどこかと尋ねると、闇から生まれでた独立型活動体だという、よくわからない返事だった。

そしてキビエは、ソロンディアに到着後、魔導式の馬車の下に這いつくばり、落ちていた赤い髪の毛の匂いを嗅いでいた。

やはり変な女なのかと、ラオンデルがドン引きしていると、収穫祭の剣がハンターによって折られたという噂を耳にする。

キビエが赤毛を判別し、光輝らがハンターギルドに向かうだろうと計算している間に、ラオンデルはどこかへ消えてしまった。

その頃、光輝はエルフの魔道士たちによって、土で拘束されていた。

エルフの貴族らは、ここはバルタラ戦士がくる場所ではない、どの勢力が送ったものか正体を明かせと怒鳴る。

光輝は、おもしろそうだったから参加しただけ、悪かった、と言いながら拘束から難なく脱出すると、拘束の土が飛び散り、王太子の顔に付着した。

エルフの貴族らは、バルタラ戦士が王太子を攻撃した叫び、周囲はテロリストだとパニックになる。

逃げ惑う観客の中にはラオンデルがいたが、彼は人の波に負けて転んでしまう。

光輝が駆け寄り、坊主大丈夫か、保護者はどこだと言うと、ラオンデルはその手を払い、我はと、高貴な身分であることを明かそうとする。

だが光輝の後ろには、エルフ達が作り出した岩のゴーレムが迫っていたので、ラオンデルは恐怖で気絶する。

エルフ達の自慢のゴーレムだったが、光輝には傷一つつず、さらにゴーレムの手からラオンデルを守るように防いでいた。

他人を巻き込むような無差別な攻撃に怒った光輝は、オーラの攻撃でゴーレムを粉砕する。

王太子達は、バルタラ戦士が使わないオーラ攻撃をしたことと、その威力に騒然とする。

光輝はまだオーラを使いこなせなかったので、威力を加減できず、自身の体を傷つけてしまい、吐血。

助けた少年が自分のオーラで消し炭になったかと思い、誤魔化そうとするが、ラオンデルは既にアーティス達が救出していた。

呆れる2人に謝る光輝。

そうこうしているうちに、光輝らは大勢の兵士に囲まれた。

王太子は、今からでも抵抗を止めるのであれば、最低限の処罰にしてやると言う。

収監期間は最短でも3年だと聞いた光輝は、3年も英雄に好き勝手させてたまるかと、戦うことを選んだ。

だが突然目の前に、黒髪の女性が現れた(キビエ)

彼女は、エルフの指示に従って欲しい、そうでなければラトナに未来はないと言う。

唖然とする光輝だが、突然ガイドラインがエラーを起こし、頭痛に襲われる。

一体何者だと、光輝は彼女に問うのだった。

漫画「異世界剣王生存記」74話の感想

キビエの協力で、ラオンデルはソロンディアまで来ることができました。キビエの正体は女神の化身ですが、人間らしい行動をすることができるのですね。彼と同行して歩いてくるとは思いませんでした。

ラオンデルを保護したいようですが、ラオンデルは一体何者なのでしょう。あのエルフの王太子より特別な存在なのでしょうか。

一方、光輝の方は収穫祭の剣を折ってしまったので、案の定まずいことになりました。

剣については、衝動的に剣を確認しに向かったことから、ラオンデルも関係しているようですね。ラオンデルも剣を抜く資格があったのかな。血筋がかなり高貴なことと、命を狙われていたことを考えると、今の王太子の派閥と対立している家門なのでしょう。

さて、光輝はキビエの登場でガイドラインが暴走してしまい、あまりいい状況ではありません。キビエは何のために近づいてきたのかは不明ですが、ここで戦闘になったら非常にまずいですね。

このままエルフに捕まるしかないのか、キビエを無視して逃げ出すのか、どうするのでしょうね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください