漫画「悪役のエンディングは死のみ」13話のネタバレと感想!あらすじまとめ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「悪役のエンディングは死のみ」原題・악역의 엔딩은 죽음뿐

1~3話までピッコマで一気読みできます。

毎週日曜日に最新話が更新されます。

前回のエピソードはコチラ

漫画「悪役のエンディングは死のみ」13話のネタバレ

一緒に馬車に乗るという、ゲームにはなかった展開に、何故と動揺するペネロペ。

嫌なら他の馬車に乗れと言われ、嫌ではない、嬉しいと言うと、デリックは目をそらしたものの、好感度が6%に上昇した。

しかし会話がなく、移動中は気まずかった。

皇宮に到着すると、デリックが先に降り、エスコートのためペネロペに手を差し出す。

ペネロペは素直にエスコートしてもらう。

会場に入ると、デリックは、軽率な行動は慎めとペネロペに注意し、彼女を残し挨拶回りに向かった。

評判の悪いペネロペには誰も近寄ってこなかったので、周囲の白い目に耐えつつ、彼女は壁際で皇太子の登場を待った。

すると、輝く金髪だと称される皇妃と第二皇子が登場し、玉座に座った。

ゲームに登場しない皇帝の代わりに、公式の場ではいつも皇太子が玉座に座っていたはずなのだが、何故か今回は第二皇子が座っている。

ペネロペが変に思っていると、今度は会場の扉が勢いよく開き、皇太子が登場した。

皇太子は、皇妃や第二皇子よりも光り輝く、眩しい金色の髪の持ち主だった。

漫画「悪役のエンディングは死のみ」13話の感想

3人目の攻略対象者、イオカ帝国の皇太子カリスト・レグルスが登場しました。

残念ながら後ろ姿だけで、顔は描かれていませんでしたが。

靴に血がついていたのと、すぐにペネロペを殺してばかりいたことから、かなり冷酷な人物のようですね。

ペネロペは、まず殺されずに、カリストに接近できるかどうかが問題ですね。

そして、死ぬ直前に現れるという、リセットボタンが本当にあるのかどうかも問題です。

元の世界に戻れるかもと、いっそカリストに殺されてみようかと考えている主人公ですが、本当に戻れるのかわからないのに割り切ることができるのでしょうか。

また、おそらくカリストの玉座に、第二皇子が勝手に座っているのだと思いますが、なんだか揉めそうですね。不機嫌ついでに殺されたりしなければいいのですが。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください