漫画「悪役のエンディングは死のみ」14話のネタバレと感想!あらすじまとめ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「悪役のエンディングは死のみ」原題・악역의 엔딩은 죽음뿐

1~3話までピッコマで一気読みできます。

毎週日曜日に最新話が更新されます。

前回のエピソードはコチラ

漫画「悪役のエンディングは死のみ」14話のネタバレ

カリストは、血まみれの人間を引きずって入って来たので、周辺から悲鳴があがる。

誕生日おめでとうと、弟である第二皇子にカリストが言うと、皇太子あろうものが招かれていない場で非礼だと、皇妃が怒鳴る。

だがカリストは、招待状は受けとった、人を雇うときは慎重にしろと言い、皇子らが雇ったであろう、ひきずってきた暗殺者の腹を剣の鞘で突く。

いつでも人を寄越せばいいと笑みを浮かべると、会場を後にした。

周囲の人と同様に、カリストの騒ぎにペネロペも驚く。

すると、鉄血の皇太子カリストのエピソードが始まる・今すぐ迷路庭園に移動するか、というシステムの通知が表示されたので、死ぬかもしれないが勇気をだして移動を選択した。

途端に、迷路庭園に瞬間移動するペネロペ。

死ねば元の世界に戻れるかもしれない、いざというときはリセットボタンを押せばいいと、ペネロペは死ぬためにカリストを捜す。

光のオーブの案内で、噴水に到着する。

カリストはどこだろうかとキョロキョロしていると、突然首元に剣を当てられる。

会場の騒ぎを見たのにエカルトの狂犬が俺についてくるとは、よほど死にたいようだと、カリストは剣を首元に当てたまま、正面へ回り込む。

何故俺の後をつけたのかと言い、ペネロペの首元の生地を薄く斬る。

ペネロペはまずいと思い、リセットボタンを探すが見つからなかった。

彼女が返事をしないので、遺言は直々にエカルトに伝えてやると、カリストは凶悪な笑みを浮かべるのだった。

漫画「悪役のエンディングは死のみ」14話の感想

暴君カリストが登場しましたね。

血まみれでパーティー会場に入ってきたので騒がれましたが、暗殺者を返しにきただけなので、カリストだけが暴君だけではなく、なんかどっちもどっちという感じです。ただの招待客ははた迷惑ですけどね。

カリストも0%スタートです。しかも地位はペネロペより上だし、命を奪うことに躊躇がありません。

ペネロペは、いっぺん死んでみるという、とんでもない目的で来ましたが、やはりいざとなると、そこまで思いきれないですよね。

リセットボタンが出ないので彼女はパニックになっていますが、出ないということは、今は命のやり取りにならないということでしょうか。

とりあえず、ペネロペは死を選べなかったので、なんとかカリストに気に入ってもらうしかないですね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください