漫画「悪役のエンディングは死のみ」12話のネタバレと感想!あらすじまとめ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「悪役のエンディングは死のみ」原題・악역의 엔딩은 죽음뿐

1~3話までピッコマで一気読みできます。

毎週日曜日に最新話が更新されます。

前回のエピソードはコチラ

漫画「悪役のエンディングは死のみ」12話のネタバレ

ペネロペのもとに、第二皇子の誕生パーティーの招待状が届き、デリックの指示で、ペネロペは参加することになった。

第二皇子の誕生パーティーは、攻略対象の皇太子が登場するエピソードだった。

皇太子はゲームプレイ中に一番多くペネロペを殺した人物だったので、ペネロペは出席を嫌がるが、小公爵デリックのエスコートでの参加だったため、好感度を下げるわけにもいかず、断り切ることができなかった。

何しても殺してくる皇太子のイベントだが、むしろ殺されてしまえば元の世界に戻れるのではと考え直す。

死ぬ直前で自動で表示し、スタート地点に戻してくれるリセットボタンもあるに違いないと思い、皇太子に会って死ぬことを試すことにした。

翌日、ペネロペは夜会に向け、メイドたちに支度をしてもらう。

ペネロペの素材がいいので、メイド達は張り切るが、ペネロペはなるべく質素に見える格好を指定した。

エミリー以外のメイドを下がらせ、エミリーには、針の痕を隠すための手袋を用意させることで、エミリーの手綱を締め直した。

馬車の前ではデリックが待っていて、落ち着いたペネロペの格好を皮肉る。

デリックにはあの時から会っていなかったが、何故か好感度が5%にまで上昇していた。

ペネロペはそのことを、ペネロペに会いたくないほど嫌いだからだろうと考える。

ペネロペがさっさと馬車に乗ると、手を差し出していたデリックは不機嫌になり、彼女の向かいに座った。

まさか皇宮まで一緒に乗るつもりなのかと、ペネロペは困惑するのだった。

漫画「悪役のエンディングは死のみ」12話の感想

3人目の攻略対象者に会えるようですが、すぐにペネロペを殺すような、危険な人物でした。

それならばと、いっそ死ねば元に戻れるのではと、ペネロペは計画しましたが、なかなか勇気のいることを決めましたね。

そもそも、地球にいるペネロペの本体が、生きているかどうかもわかりません。今死ねば、そのまま天に召される危険があります。

地球でどうなったのか全くわからない状態の転生って、割り切りようもないし、かなりハードですね。

デリックですが、ペネロペと接触後にすぐ好感度が上昇したのですが、ペネロペはそれを知らないので、彼女がこのまま勘違いし、デリックと距離を置きそうです。

そのような調子なので、馬車に乗せるためにデリックが手を差し出しましたが、ペネロペは気づきませんでした。でもこれまで冷遇していた分、これぐらいの薄い付き合いは仕方ないですよね。

デリックが馬車に乗り込んだことで、ペネロペは驚いていましたが、普段であれば、デリックは別の移動手段をとるようですね。そんなロクに会話もなかった義兄との移動は、さぞかし居心地が悪そうです。ペネロペも大変ですね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください