漫画「捨てられた皇妃」最新話138話のあらすじと感想!ネタバレ有り

※最新話も含む全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマにて連載中の「捨てられた皇妃」 漫画 iNA、 原作 Yuna 、原題・버림 받은 황비

毎週土曜日に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

漫画「捨てられた皇妃」最新話138話のネタバレ

ルブリスは、建国記念祭の準備で忙しいアリスティアについては、手をひいてもらっていいと言う。

ルブリスの執務室に来ることがなくなるので、なんだかモヤっとするアリスティア。

だがルブリスは、週に一度は直接来て進捗状況報告をしてほしいと言う。

キョトンとするアリスティアに、言い訳するルブリス。

そして彼女を庭園に誘い、シルバーの花の木を見に行く。

ルブリスは、シルバーの木について、大きな危機に瀕しても打ち勝つところや、咲きそうで咲かないところが、アリスティアによく似ていると話す。

そして、あの蕾が咲く頃には、アリスティアも自分に心を開いてくれるだろうかと言う。

それを聞いたアリスティアは、二度と彼を愛さないと決めたのに、心が動くのだった。

ある日、ハードな剣術鍛錬中のカルセインに声をかけるアリスティア。

彼にアリスティアが悩んでいることを見抜かれ、少しからかわれる。

アリスティアが最近多忙で、まともにカルセインと手紙などの交流がなかったため、せめて連絡だけでも取り合おうと言う彼。

アリスティアが謝ると、お詫びに建国祭後に二日間空けてほしいと言うので、彼女は約束する。

その後、アリスティアは大神官のもとを訪ね、取引内容を確認し、最高位神官の不正履歴を受け取った。

大神官の表情を覗うに、近いうちに大騒ぎになりそうだった。

そうなれば最高位神官達は不正の隠蔽で手一杯になり、皇室の行事に参加できず、彼らの協力が得られないゼナ公爵と貴族派の力は弱まる。

その後の会議にて、建国祭の予算案はほぼアリスティアの案で決定されたので、美優は青ざめる。

建国祭のルブリスのパートナーについて話が移ると、対外的にはまだアリスティアが婚約者だということがわかり、アリスティアは話が違うと驚くが、それと同時に喜びも感じた。

それほど彼に愛されていたからだ。

ルブリスはアリスティアと二人きりになると、婚約について説明した。

騙すつもりは無かったが、アリスティアとの縁が切れると思うと、どうしても公式文書に書くことができず、先延ばしし続けていたのだと謝る。

アリスティアはそれでも、自分は皇后に相応しくないと答える。

ルブリスは、アリスティアの前では皇帝でなく一人の男でいたい、立場や環境を別にして一人の女性としてどう思っているのか教えてほしいと言う。

それでも頑なな態度の彼女に、ルブリスは、残酷な人だと言うが、アリスティアの目を見る限り本心は違うはずだと指摘する。

僕の勘違いなのか、それともその心を無視しなければならないほど、アリスティアが隠している事実が重大なのかと問う。

アリスティアは、過去の話を打ち明けていいものか、信用したアレンディスには信じてもらえなかったがと、悩む。

ルブリスは、アリスティアを必ず守るから教えてほしいと言うが、アリスティアは、彼をさらに傷つけることになるのではと思いとどまる。

ルブリスは必死に彼女を説得しようとするが、アリスティアはやはり彼を拒絶した。

酷く傷ついたルブリスは、もうアリスティアに無理強いはしないと言い、その場を去る。

これでいいのだと、アリスティアは泣くのだった。

漫画「捨てられた皇妃」最新話138話の感想

ここまでくると、アリスティアの頑固さが気になります。

これまでの話で、ルブリスが前世で残酷非道なことをしたのは、毒のせいだというのもわかったし、廃人になるほどアリスティアを求めていたのもわかりました。

だからと言って、彼を簡単には受け入れることはできないのでしょうけども、ここまで愛されていて、自分も彼を愛しているのに拒絶し続けるのは、さすがにモヤっとします。美優が彼女をなじる気持ちが理解できます。

過去を繰り返さないようにと思いながらも、一番過去に囚われています。

前世では、尊厳も父も胎児も自分の命も奪われたので、現世でも彼を憎み続けるというのなら理解できます。拒絶しても何もおかしくありません。

でも愛してしまうほど彼を認めているのなら、今のルブリスなら過去の彼のような行動はとらないでしょうし、受け入れていいのではと思います。これでは傷つくだけで誰も幸せになりません。

誰も愛さないと決めてここまで生きてきたので、今更自分の芯を曲げたくはないのでしょう。ビタにも、運命の相手は美優だと言われていましたしね。でも過去でもルブリスは美優を愛さなかったので、ビタの言うことなんて当てになりません。

このままでは、いくらルブリスが想いを伝えてもアリスティアは拒絶しかしないので、大切な人の死等、彼女の考えが変わるほどの衝撃的な出来事が必要かもしれません。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください