漫画「捨てられた皇妃」最新話137話のあらすじと感想!ネタバレ有り

※最新話も含む全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマにて連載中の「捨てられた皇妃」 漫画 iNA、 原作 Yuna 、原題・버림 받은 황비

毎週土曜日に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

漫画「捨てられた皇妃」最新話137話のネタバレ

アリスティアはルブリスから体を離す。

彼に背を向け、慌ててその場から去るが、彼の腕の中にいてはいけないのか、幸福な想像をしてはいけないのかと、混乱していた。

立ち止まった彼女に、ルブリスは、少しいいかと頼み、お忍びで彼女を景色の綺麗な場所へ連れ出す。

その場所は月と星空がよく映える幻想的な湖で、アリスティアは感動する。

ルブリスは、皇宮にいるとどうしても皇帝としてしか接してもらえないから、何のしがらみもなく自分をみてもらいたかったと話す。

そしてアリスティアに口づけした。

アリスティアは今日ぐらいは素直になろうと思い、抵抗はせず、二人は何度もキスをした。

その晩、アリスティアは自室のベッドの上で、ルブリスに言われたことを考えていた。

ルブリスは、一人で未来を決めつけ絶望しないで欲しい、大神官も皇宮医も諦めるなと言ったはず、もし子供をもつことができないからと僕と距離を置いているなら、子供を持てなくても構わないと話す。

跡継ぎについても、アリスティアがいいのであれば血が途絶えてもいいとのこと。

これは本気だ、拒む理由がそれだけなら考え直して欲しいと言う。

皇帝が血のつながった跡継ぎを否定するほど、自分を求めてくれるのかと思うと嬉しかったが、自分の気持ちが揺らぐだけ互いの傷が深くなると思い、次回会ったときには断ろうと決意する。

ただ今夜だけは愛されているという事実を喜びたいと、涙をボロボロ流すのだった。

とある日、アリスティアのもとに密書が届いた。

ゼナ公爵の息子が会うことを希望していること、ラニエル伯爵関連の文書が見つかったこと、協力者を見つけたので指示が欲しいこと等が書かれていた。

証拠を見つけることができたが、イアン・ベルロットの娘の救出は、証拠が揃ってからにしないとこちらの動きがばれてしまう。

アリスティアは支度をして、ゼナ公爵令息と接触する。

ゼナ公爵令息は、アリスティアに暴力を振るおうとしたが、騎士であるアリスティアは難なく防ぐ。

ゼナ公爵令息は、ラス家の偽物の印章の保管場所だけ教えると言う。

ゼナ公爵を追い詰める証拠は揃いつつあった。

集めた証拠に、大神官の証言、内宮の使用人達の証言がある。

ゼナ公爵令息は、印章は公爵だけが入れる秘密の金庫にあると話す。

金庫の場所を教えれば、こちらの条件をのんでくれるのかと言うので、少し損するが良いでしょうと答える。

金庫の場所は、公爵の書斎にあり、左から2番目の本棚の紫の本を動かすと、金庫が現れるのだそう。

急いで実行しなければと思うアリスティア。

準備を進めている間に、建国祭の時期になった。

帝国に3人も大神官が滞在している異例の状態なので、神殿と連携して行うことになった。

取り仕切る予定だったラス公爵夫人の体調がよくなく、嫁のプリンシアは産後まもなかったので、アリスティアに期待が寄せられた。

拒否した場合ゼナ公爵が一切の権利が渡るかもしれないし、ルブリスが落ち込むので、美優と共同で行うことになった。

建国祭になり、セクンデュスは、まだ毒を盛られるのではないかと、ルブリスを心配する。

以前より毒の量が増えているとセクンデュスが言うと、毒の混入経路を調査したところ、陛下の毒味をした人物が中毒症状になった事実を発見したと話すアリスティア。

その者達に、神聖力によって証言してもらうつもりだ。

建国祭が終わったら、イアン・ベルロットの娘を救出し、作戦を実行するとルブリスが告げる。

アリスティアは、今回の件を暴くほど影がかかっていくような、嫌な予感がするのだった。

漫画「捨てられた皇妃」最新話137話の感想

アリスティアはルブリスとキスまでしましたが、どうしてもまだ踏み切ることができません。

過去でされたことを思えば、トラウマになってしまい仕方ないのかもしれません。

ただ、未来はかなり変わってきているので、そろそろ抜け出てもいいのではないかと思います。

さて、ルブリスの愛や自分の気持ちを受け入れることのできないアリスティアですが、ゼナ公爵を追い詰めるのは順調に進んでいるようです。今回は大神官もついているから安心ですね。

ゼナ公爵を追い詰めてもミルワー侯爵がいるので、なかなかスッキリは終わらないのでしょうけど、やられてばかりではなく、貴族派をギャフンと言わせてほしいですね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください