漫画「皇女、反逆者に刻印する」56話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「皇女、反逆者に刻印する」原作・IRINBI、漫画・SAGONG(COPIN)、原題・황녀, 반역자를 각인시키다

毎週木曜日に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

漫画「皇女、反逆者に刻印する」56話のネタバレ

リモーナは、イヴが後片付けで忙しかったため、ミカエルに見送られながら帰りの馬車へ。

セデラーの応接間に案内された際、イヴに目配せしたアナイス・ルチアードによって、本当のパトロンはセデラーではなく、第七皇女だと教えてもらったのだった。

リモーナは、自分が演じる第七皇女の姿を本人に見られたらどうしようと、パニックだった。

だが、第七皇女のおかげで自分の曲を作ってもらえることになったので、皇宮に招待されるほど頑張り、第七皇女に直接感謝の気持ちを伝えるのだと言う。

離れたところにいたイヴは、そんなリモーナの言葉を聞いて、温かい気持ちになるのだった。

その後、イヴはアナイスとレッドモンを招き、その日のことで皆で談笑した。

レッドモンは、リモーナ・ルンドへの支援で功績活動の点数がたまり、派遣活動ができるようになったと話す。

パトロン証明書を提出したので、リモーナのパトロンがイヴだと知れ渡るそうだ。

イヴは、ついに魔晶石採掘場を視察できるので、採掘場の環境改善や、ミカエルの力を覚醒させるかもしれなかった。

レッドモンに、開拓地区の事業はどうなったかと尋ねると、とても順調らしく、近いうちに建設事業を任せる家門を選定するのだという。

イヴは、そのような状況でルチアードに会い、収賄の疑惑が持ち上がったりしないのかと焦るが、レッドモンは最近サンチェス伯爵の不正を暴いたので、不正などするはずないと、不正取締の賢者・清廉潔白をモットーに進んでいくので大丈夫だと言う。

しかもレッドモンが用意した開拓地区の見取り図はとても素晴らしい出来だった。

過去のアルベン・レッドモンは、親の七光りで国の要職につき、サンチェス伯爵の下で横領を繰り返していたのだが、公正な社会づくりに一役買うようになった彼の現在を見て、イヴは、チャンスを与えて正解だった、彼の才能が発揮出来て良かったと思う。

するとアナイスが、チャンスリー侯爵が建設商会の買収に成功し、開拓地区の教育事業、大衆浴場事業に参入するそうだと話す。

魔晶石の販路を断たれ資金不足のはずなのにと、イヴは疑いを持った。

過去では、チャンスリー侯爵の大衆浴場で大火災が発生し、多くの死傷者を出したので何か手を撃たねばならなかった。

朝、イヴとミカエルが、朝の挨拶のために皇宮を歩いていると、第8皇子ユークリッド・ヴィオルン・ハーデルラミドが声をかけてきた。

イヴは、口の悪いユークリッドが苦手なのだが、そのユークリッドは、ミカエルを舐めるような視線で見て、顔を背ける。

ユークリッドは、ブリジッテに挑発的な態度を繰り返すのはやめたほうがいい、自分には後ろ盾となる母親がいるが、イヴには誰もいないではないかと言うのだった。

漫画「皇女、反逆者に刻印する」56話の感想

結局、イヴがパトロンだとリモーナに教えましたね。リモーナは、驚きつつも、前向きに受け止めていました。イヴも一安心ですね。そしてセデラーも一安心です笑

レッドモンは、初登場時は胡散臭かったのに、今では無くてはならない人物になりましたね。

リモーナもレットモンも明るく勢いがあるので、イヴも気兼ねなく接しやすいのではないでしょうか。

レッドモンが話していた功績活動については、26話に、功績活動の点数が高ければ政治に関与することができることが描かれていました。その中に魔晶石採掘場における実態調査があり、劣悪な環境で働くホムンクルスを助けたいと考えていました。

今回ようやく、功績活動の点がたまり、ホムンクルスの環境改善に着手することができます。

また発掘量が減っている魔晶石については、討伐した魔龍の体と周辺物質が結晶化されてできるものが魔晶石なので、いつかガラムートではない魔龍を討伐することになるのかなと思います。

ガラムートは何世紀も前に、ハーデルラミド帝国が指揮したホムンクルスによって討伐されています(41話)思念体として残っていますが、帝国皇族ではなく、ホムンクルスの王であるミカエルを憎んでいますよね。その当時のホムンクルスの王に、ガラムートは討伐されたのでしょうか。

チャンスリー侯爵関連については、24話にブリジッテの政治資金で企業の買収、魔晶石の買いだめで資金が底をついたこと、死傷者300人を超える公衆浴場大火災について、まとめて描かれてました。なかなか厄介ですね。資金はどうしたのでしょう。

さて、異母兄弟であるユークリッドが初登場しましたが、例に漏れず、イヴを小馬鹿にします。皇宮を歩くだけでストレスが溜まりそうで、大変ですね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください