漫画「皇女、反逆者に刻印する」57話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「皇女、反逆者に刻印する」原作・IRINBI、漫画・SAGONG(COPIN)、原題・황녀, 반역자를 각인시키다

毎週木曜日に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

漫画「皇女、反逆者に刻印する」57話のネタバレ

第8皇子ユークリッドは、ブリジッテには従順だが、イヴには傲慢だった。

ユークリッドの母・第9皇妃アリアドナは、ブリジッテの母・第4皇妃ルミーユのメイドだったため、ルミーユとブリジッテ母娘に強い忠誠心を持っていた。

ブリジッテ母娘に尽くすことに執心していたので、息子に愛情を注がず政治の道具としか見ておらず、前世ではブリジッテのために、嫌がるユークリッドに平民女性と結婚させた。

このような環境で育っているので、ユークリッドはイヴに辛辣なのだ。

八つ当たり先にされたイヴは呆れていたが、ミカエルが物凄く睨んでいたので、ユークリッドは文句を言う。

そこでイヴは、その口の悪さだと指摘し、自分に謝るよう求める。

言い返そうとするユークリッドをユカと呼び、剣術の稽古はうまくできたと笑顔で脅す。

ユークリッドは剣術の才能があったが、帝国では錬金術と魔法を重視していたため、格下の剣術は母に許されず、ユークリッドは母の目を盗んでこっそり稽古するしかなかった。

イヴに指摘されたことで、イヴに謝るから、母には黙っていて欲しいと怯えるユークリッド。

イヴは、ユークリッドが震えているのを見て、やりすぎたと思い、頭を撫でるのだった。

その後、イヴ、ユークリッド、ブリジッテ、ステファニア、皇子1名は、皇帝に朝の挨拶をする。

皇帝は、魔獣狩り大会でイヴが魔龍に襲われたことについて、大丈夫だったか、魔晶石を与えると気遣い、イヴは笑顔で返答し、二人だけ和やかな雰囲気だった。

ステファニアは、不機嫌になったブリジッテのために、ブリジッテが真っ先に兵の指揮してくれたからこそ、被害を最小限で抑えることができたと言う。

ユークリッドやもう一人の皇子も、そうだと同調し、ブリジッテを持ち上げる。

ステファニアは、ブリジッテの姿はまるで本物の魔龍を戦うかのようだったと言いだし、その場の雰囲気を変える。

そして、もうすぐ魔晶石が枯渇すると話した。

これは前世で皇帝がイヴを見限った話題なのだが、ついにそのタイミングがきたのだった。

漫画「皇女、反逆者に刻印する」57話の感想

ユークリッドはひねくれた性格ですが、母親があのような感じなので、苦しんできたのですね。ブリジッテ母娘に搾取されるだけの人生は気の毒です。

イヴが皇太女となれば、ユークリッドの環境も変わるでしょうか。

イヴは、以前のように家族との間に壁を作るのではなく、家族にとの対応に余裕ができましたよね。皇帝との関係は順調です。ユークリッドとも、いずれ仲良くなれるのではないでしょうか。彼はまだ若いですし。

皇帝はイヴを気に入っているので、度々声をかけているようですね。そのせいで、ステファニアが怯えるほど、ブリジッテの機嫌が急降下してしまいました。またポプリが大変なことになりそうです。

魔晶石の枯渇については、度々話題に出てましたね。34話でも、突然ブリジッテが魔晶石の話題をだしてきました。

魔晶石については、32話で、いずれホムンクルスが魔龍討伐をする必要があることが説明されていました。

前世でイヴが皇帝から見限られたというの、ホムンクルスに魔龍討伐など危険なことはさせられないと反対したのでしょうか。今回のイヴなら、既に皇帝を納得させられる案があるのでしょうね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください