漫画「皇女、反逆者に刻印する」26話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「皇女、反逆者に刻印する」原作・IRINBI、漫画・SAGONG(COPIN)、原題・황녀, 반역자를 각인시키다

毎週木曜日に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

漫画「皇女、反逆者に刻印する」26話のネタバレ

ロゼニットは、断れない状況だと知りながら、ミカエルに許可を求めたので、ミカエルは嫌な気持ちになった。

目元に触れようとするロゼニットの手が伸びてくるのを感じ、触れないでくれと必死に願うミカエル。

触れる直前に、イヴが駆けつけ、二人の間に割って入った。

イヴに、他人の専属騎士を何故連れ出したのかと問われたロゼニットは、私が一人でいたのを見かねたアグニト卿がエスコートしてくれたのだと答えた。

イヴは嘘だと見抜き、ミラード卿はロゼニットを探し回っていたので、少し待っていれば良かったのだと指摘する。

そして、あとは自分の専属騎士に頼みなさいと言うと、シルヴァスティアンがエスコートのためにロゼニットに手を差し出した。

おもしろくないロゼニットは、パーティー参加者が私を待っているから散歩はやめるといい、シルヴァスティアンの手をとらずその場を去った。

イヴは、ミカエルは私の騎士なのにこんなことが起こるなんてと、過去を繰り返したくないと思った。

ミカエルは、第8皇女はアイマスクを外そうとしていたから、タイミングよく来てくれて助かったと言う。

アイマスクを外すのは夜の世話の意味があったのだ。

イヴが一人にしたことを謝ると、ミカエルは、イヴが謝ることではないと言うのだった。

一週間後、社交活動に成功したイヴのもとには、たくさんの招待状が届くようになった。

そのときにできた人脈も、狙い通り仕事を進めているので、イヴの表情は明るい。

そして皇太女になるための一環として、レッドモンに再会し、皇族のボランティアである、皇室の功績活動について相談する。

功績活動の点数が高ければ、政治に関与することができるのだが、イヴは対外活動をほとんどしてこなかったので、ブリジッテと対抗する状態ではなかった。

レッドモンから見せてもらったカタログに、魔晶石採掘場における実態調査と書かれていたので、イヴは考え込む。

レッドモンは、芸術家の発掘及び支援の活動はどうか、芸術家が有名になったら、その知名度に応じて、多くの功績が追加される。

話が終わり、イヴはミカエルとともに歩いていると、魔晶石発掘の視察ができるように功績をためるのかと、彼に質問される。

上半期中に採掘現場に赴き、劣悪な環境で働いているホムンクルスを助けたいのだ、イヴは説明する。

ミカエルはイヴの表情をみて、彼女が本気だと察する。

すると侍女リアンが慌ててやってっきて、イヴに、大変なことになったと報告するのだった。

漫画「皇女、反逆者に刻印する」26話の感想

アイマスクを外すことは、とんでもない意味があったのですね。そりゃミカエルも嫌がるわけです。

初対面のロゼニットに対し、ミカエルは皇帝以上に嫌悪感があったようなので、そのような女と、強制的に夜を共にするのは嫌でたまらないでしょうね。

もしこの嫌悪感にタイムリープが影響しているとしたら、ロゼニットもミカエルに執着し続けると思います。大迷惑ですね。

シルヴァスティアンは、尊敬するイヴには選んでもらえず、ロゼニットのわがままに巻き込まれ、ないがしろにされているので、なんだか気の毒です。

反抗心の強いミカエル以外は、皇族の理不尽を受け入れるように教育されているとは思いますが、感情がないわけではないので、ロゼニットの専属騎士を続けている限り、精神がくたびれそう。

ロゼニットは、誕生会をイヴに横取りされたようなものなので、そのお返しだと思いますが、それはこれまでの嫌味や嫌がらせが返ってきただけですよね。タイムリープに関係なく、イヴをバカにし続けていたようなので。

今後もロゼニットからの嫌がらせは続きそうですね。ロゼニットはラスボスという感じです。ブリジットは中ボスかな。

前世で酷い目にあわされた分、今世ではスカっとやり返してほしいですよね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください