漫画「皇帝の一人娘」最新話232話のあらすじネタバレと感想

※各エピソード一覧はコチラ

漫画アプリ・ピッコマcomicoで連載中の「皇帝の一人娘」原作YUNSUL(小説・황제의-외동딸)、漫画RINO

日曜日に最新話が更新されます。(4週更新、1週休載だそうです)

前回のあらすじはコチラ

漫画「皇帝の一人娘」最新話232話のネタバレ

アヒンが、リアのプロポーズを本格的に検討すると言うので、リアが忘れて欲しいと言うも、だめだった。

リアが、ヴァルとお茶をしながら悩んでいると、その下の双子の弟オーデウルやハッカがやってきて、アヒンと結婚したくないのか、何が嫌なのかと質問してくる。

リアは、前世も含めて恋愛経験がなく、自分の気持がわからなかった。

だが、いつまでも有耶無耶にしていられないから、アヒンと向き合おうと決意する。

オーデウルやハッカは、本当のアヒンを知らないでしょうと意味深なことを言うのだった。

アヒンは、神の代理人・スヘルトーヘンボスの絶対的存在・聖皇の後継ぎとして、子供の頃から苦痛なほどの教育の数々を受けてきたが、それらを全て消化したのだった。

リアは、自分が我慢すれば済むと思っているであろうアヒンを哀れに思った。

その後、やかましいヴァルを追い出したリアは、アヒンと話をするのだった。

漫画「皇帝の一人娘」最新話232話の感想

リアにとってプロポーズは冗談だったのですが、アヒンは素知らぬふりして、冗談ではなく真実に変えようとしていますね。

純粋そうな笑顔で全て押し切る、誰にも文句を言わせない、外側から囲んでいくのが、ヴィテルボ兄弟の言うアヒンの本性なのでしょうね。

そういえばオーデウルとハッカは、152話に登場しています。3年弱も前の話なので存在を忘れていました。シルビア似のピンク色の髪の双子ですが、性格はペルデルっぽいですね。

リアの恋愛事情に関しては、サンセも彼女に想いを寄せていたと今回のエピソードに出てきましたが、222話のサンセは、アヒンにならリアを任せられると戦線離脱していましたね。

ヴィテルボ兄弟は全員、アヒンとリアの結婚を応援しているようです。

でもリア自身は恋愛経験がないので、自分の気持ちがわかりません。結婚するどころの話ではないので、先ずはアヒンとお付き合いしないといけませんね。

アヒンを意識はしているようなのですが、先は長そうです。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください