漫画「皇帝の一人娘」最新話231話のあらすじネタバレと感想

※各エピソード一覧はコチラ

漫画アプリ・ピッコマcomicoで連載中の「皇帝の一人娘」原作YUNSUL(小説・황제의-외동딸)、漫画RINO

日曜日に最新話が更新されます。(4週更新、1週休載だそうです)

前回のあらすじはコチラ

漫画「皇帝の一人娘」最新話231話のネタバレ

リアは、アヒンとの間に壁を感じていたので、その壁を取り払うべく、結婚しようかと冗談を言ってみたのだが、アヒンには冗談として通じなかったようだった。

アヒンと会うのは気まずいが、リア主催のティーパーティーなのに本人が逃げるわけにはいかなかった。

ちなみにカイテルは、リアが絵に夢中になっている間、狩猟という趣味ができたので、その日は出かけていた。

ティーパーティーには、グレシットの妻イブリンも参加していたが、二人目を妊娠していたので、座って休むよう勧める。

イブリンも、リアがアヒンにプロポーズしたという噂を知っていたので、リアは困惑する。

その後すぐにアヒンが挨拶にしにやってきたのだが、リアはどう話していいかわからず、オロオロする。

アヒンは、リアがまた敬語に戻っているから気をつかわせてしまったのかと、悲しそうな表情になる。

リアは否定するが、気まずすぎてうまく会話できない。

するとアヒンは、アグリジェントに二週間滞在し、リアのプロポーズを本格的に検討すると言い出すのだった。

漫画「皇帝の一人娘」最新話231話の感想

リアは、冗談を言い合う仲ではないのに、冗談にみえない冗談を言って、自らを追い込んでいますね。

でも実は、自覚していない本心がこぼれただけかもしれないですね。アヒンにだけ態度が違うので、特別な存在なのでしょう。

リアがプロポーズした噂は、城の外まで広まっているので、カイテルももちろん知っているのでしょうね。カイテルは狩猟にいっている場合ではないと思うのですが、実はアヒンのことを認めているのでしょうか。

カイテルの反応が恐ろしくて、誰も知らせていないのかもしれませんが・・・

さて、アヒンは、リアからプロポーズされたとしっかり考えていて、2週間も滞在して考えるようです。アヒンもリアに好意を持っていますが、リアがアヒン相手だと緊張してしまうので、まずそこから手をつけないといけないですね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください