漫画「ある日、私は冷血公爵の娘になった」142話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※エピソード一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマにて連載中の「ある日、私は冷血公爵の娘になった」作画Cotton、原作Siya、原題나는 이 집 아이

毎週月曜に最新話が公開されます。4週更新、1週休みとのことです。

前回のエピソードはコチラ

漫画「ある日、私は冷血公爵の娘になった」142話のネタバレ

エステルの精神体は、いつの間にかドラゴンのアースの目の前にいた。

エステルをエゴイストと呼ぶアースは、エステルがいつかここに来ることをわかっていたそうだ。

エステルは、誓約石と魔族の魔法を2つ同時に破壊していた。

アースは、ここは時間と空間の狭間であること、エステルはドラゴンの血を得たので一度だけ命が助かったこと、だが寿命がかなり減ったこと、ハーフカスティージョとはいえ、平均より弱い体であることを説明するが、エステルはそれでも構わなかった。

またアースは、奴を倒すには心臓を破壊しなければならないと言う。

エステルは、愛する人のために死ねたのだと微笑みながら、現実世界に戻った。

エステルが目覚めると、エステルの体を抱えて泣いているエメルと目があった。

エメルの洗脳や、傷は全て消えていた。

するとアイリスが、どうして魔族の魔法が効かないのだと取り乱し、額の目が開いたうえに、雄叫びをあげながら真っ黒いドラゴンへと姿を変えた。

エステルはエメルから公爵に渡され、カルルとエメルがドラゴンと戦う。

エメルは、エステルのアドバイス通り、ドラゴンの心臓を狙うがうまくいかない。

エステルは、額の目が心臓ではないかと気づき、エメルはそれに従い、ドラゴンの額の目を突き刺す。

するとドラゴンは消え、アイリスの死体が残った。

カルルは、魔族になる魔法で長生きできないことは知っていたのではないか、まさか同情するのかと、エステルに言う。

エステルは、彼女がしてきたことを許すことはできないが、親に愛されない子供の気持ちは理解できた。

決着が着いたので、エステルたちは屋敷に帰ろうとしたのだが、エステルは血を吐いてしまうのだった。

漫画「ある日、私は冷血公爵の娘になった」142話の感想

アースがエステルに自分の真名を教えたのは、避けられないエステルの死のためだったのですね。

ピンチのときに駆け付けてくれるのかと想像してましたが、死を無効化するものとは思いませんでした。

アースはエステルをとても気に入っていたようです。

エステルの命は助かりましたが、寿命がかなり短くなってしまいました。もともと命を捨てる覚悟だったエステルは、また生きることができるだけで嬉しかったのでしょうね。

短くても、愛するエメルや大切な人たちと過ごすことができます。

エステルは吐血してしまいましたが、精霊の力を使ったり、あんなに何度も死んだり生き返ったりしていれば、仕方がないと思います。今後は養生しながらゆっくり日々を過ごしたら良いのでは。

アイリスはどこまで彼女自身だったのかわかりませんが、何も得られないままその命を終えました。皇室がこのようにおかしくなったのは、皇后が原因でしょうか。まさに悪女ですね。

皇帝、皇太子、皇女も皇后本人も死んでしまったので、残るは、今どこにいるかわからないリドルだけですね。リドルは無事なのでしょうか。もう家族に命を狙われることはないので、エステルと無理に結婚しなくてよいはず。

誓約の石が壊れてしまったので、皇室に力はほとんどないでしょうけど。エステルを襲ったせいで、カスティージョ家に嫌われていますしね。この国はどうなるのでしょうね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください