漫画「皇帝の一人娘」最新話233話のあらすじネタバレと感想

※各エピソード一覧はコチラ

漫画アプリ・ピッコマcomicoで連載中の「皇帝の一人娘」原作YUNSUL(小説・황제의-외동딸)、漫画RINO

日曜日に最新話が更新されます。(4週更新、1週休載だそうです)

前回のあらすじはコチラ

漫画「皇帝の一人娘」最新話233話のネタバレ

アヒンと二人きりになったリアは、先ずテーブルの上に並んだスイーツを堪能する。

眼の前のアヒンの笑顔を見て、アヒンが好きだと自覚したものの、まだ心の準備ができていなかった。

アヒンは、プロポーズの撤回はできないから待つと言い、少しリアのことをからかった。

リアが、アヒンはいつから私のことが好きなのかと質問すると、初めて会った日(アヒン10歳リア7歳)から好きとのこと。

その頃のアヒンは聖皇を継ぐことが決まったばかりで、それを望まない母と、望む周囲のどちらの話を聞けば良いのか迷っていた時に、皇女として優雅に堂々と振る舞うリアに出会ったそうだ。

リアは、それは自分が転生者で普通の子供ではないからだと思ったが、さすがにアヒンに打ち明けられなかった。

アヒンは跪きリアの手に手を重ねると、リアのようになりたかったのだと言う。

リアは恥ずかしくなったが、それでアヒンに我慢されるのも寂しかったので、我慢しなくて良いと言う。

アヒンは、今の言葉をなかったことにはできないと言い、リアの手を握るのだった。

漫画「皇帝の一人娘」最新話233話の感想

アヒンとの出会いは125話なので、連載時期としてはもう3年も前ですね。懐かしいです。

リアはプロポーズのことについて、アヒンと二人きりで話すことになりましたが、いきなりスイーツに夢中になってました。

アヒンはそんなリアをニコニコと見つめていましたね。リアはリアで、アヒンの笑顔に見惚れています。微笑ましい二人です。

リアの周りは、美形ばかりですが、アヒンだけは見慣れないようなので、リアにとってもアヒンは特別ですね。

リアは初めての恋愛感情に戸惑っていますが、アヒンは笑顔でグイグイ攻めるので、次回は二人の仲が一歩前進するのだと思います。

狩りに行っているカイテルの反応が気になるところです。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください