漫画「接近不可レディー」36話のあらすじと感想!ネタバレ有り

※全話一覧・登場人物まとめはコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「接近不可レディー」原作:Kin、作画:Mingsung、原題:접근 불가 레이디

毎週月曜に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

漫画「接近不可レディー」36話のネタバレ

リカルドはディエゴに呼び出され、ヒリスが今アメリエ家の婚約記念パーティーに出発したと聞かされた。

親友であるオズモンドから何も聞かされていないリカルドは驚き、父に謝る。

ディエゴは、ヒリスが勝手な行動をとることが許せず、ガブリエルも向かったが、リカルドにもヒリスの監視のためにアメリエ家へ向かうよう命じる。

パーティー会場に到着したヒリスは、エンリケに声をかけられ、ヒリスは自分の主だからと主張する彼に促され、ストールを預ける。

このような場所で下働きのようなことをする必要はない、次からはしないでほしいとヒリスが言うと、エンリケは、主従関係なしということなら、今日のパーティーは自分がヒリスをエスコートしたいと申し出た。

そこへクリスティアンが現れ、エンリケを牽制し、王宮であった以来だが変わりはないかと言う。

ヒリスは敢えて、あの日はベルゼット家当主が気遣ってくれたから大丈夫だったと、アクシオンと一緒だったことをアピールする。

そこへヘリオナとオズモンドがやってきたので、ヒリスは祝いの言葉を述べる。

また、クリスティアンとエンリケとは、偶然一緒になっただけだと言う。

時間になったので、パーティーが始まった。

一方、アクシオンは部下から、例の全焼した倉庫と繋がりのあったオークションにて、裏取引をした家門がアメリエ家だったと報告を受けたので、急ぎ向かうのだった。

漫画「接近不可レディー」36話の感想

ディエゴが相変わらず暴走していますね。

リカルドにパーティーに行けと命じてますが、親友に裏切られた上に、招待されていないパーティーに参加しなければならないなんて、リカルドが気の毒です。

さらにリカルドにヒリスの監視をさせると言っていましたが、ガブリエルの監視をさせた方が良いのでは。

一方、会場に到着したヒリスは、彼女を狙うエンリケとクリスティアンが寄ってきましたね。

クリスティアンとは、お互い未熟ですれ違っただけで、愛し合ってはいたようなので、ヒリスにその気があればうまくいくような気もします。

クリスティアンに一度心を折られ、現在はただ死を望む彼女は、もう彼に何の未練もないと思うので、残念ですね。

さて、ヘリオナとオズモンドのパーティーですが、ヒリスも警戒していましたが、オークション利用している家だったので、何か事件が起きそうですね。

話の流れ的に、34話で登場した、カリキアの血で変化させられた奇形魔物が暴れそうですね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください