漫画「接近不可レディー」37話のあらすじと感想!ネタバレ有り

※全話一覧・登場人物まとめはコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「接近不可レディー」原作:Kin、作画:Mingsung、原題:접근 불가 레이디

毎週月曜に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

漫画「接近不可レディー」37話のネタバレ

パーティー出席中のヒリスは、これまで無いものとして扱われていたのに、声をかけられるようになって疲れ気味だった。

そこへ、ビオレッタとコーデリアの二人が声をかけてきたので、ヒリスは、やはりこのパーティーに参加したのですねと言う。

ビオレッタは、やはりと言われたことが気になった。

コーデリアから、ビオレッタがヒリスに会えるのを楽しみにしていたと聞き、仲良くしたいと言った言葉は本物だったのかとヒリスは理解する。

ヒリスがすぐにその場を離れたので、もう少し話したかったビオレッタは残念に思う。

クリスティアンは、ヒリスがアクシオンの名を出すことで自分を拒絶したこと、エンリケが異様に近かったことなど、ヒリスについて考えていた。

するとガブリエルがやってきて、ガブリエルを誘わずにパーティーに参加していることに注意してきた。

あまりにもうるさいので、クリスティアンはガブリエルを外に連れ出すと、ガブリエルとの婚約は破棄されたこと、詳しくは父親から聞くようにと告げる。

ガブリエルはクリスティアンを引き留めようと手を掴むが、クリスティアンに忠告され冷たく突き放される。

一方、ガブリエルを探すリカルドは、一人で夜風に当たっているオズモンドを見つけ、声をかける。

オズモンドはこれまで通りに接してくれるが、リカルドはモヤモヤしていた。

ヘリオナは、母親からのプレゼントを披露するために庭に行ったそうだ。

オズモンドは、リカルドを心配するフリをしながら、彼を見下すので、リカルドは言い返そうとする。

すると庭から爆発音と獣の唸り声が聞こえたので、オズモンドは慌てて庭へ向かい、リカルドはガブリエルの悲鳴に気づき、真っ青になるのだった。

漫画「接近不可レディー」37話の感想

これまでイノアデン家でないがしろにされていたので、まともな社交界活動をしていなかったであろうヒリスなので、突然大勢の人と交流することになって気疲れしてしまいました。

いくら死を望むといっても、すぐに叶うことではないので、しばらくはこの生活を続けなければいけませんね。

ヒリスは今回の生で、色々な人に慕われていますね。ビオレッタはあまり性にこだわならないタイプのようなので、ヒリスに対しての思いは友情なのかちょっとわかりませんが。

ヒリスに袖にされたアクシオンやクリスティアン、エンリケも、純粋な気持ちかどうかは別にして、彼女と親しくなりたいようです。

ほとんど変わらないのはイノアデン家ですね。弱気なリカルドは、周囲の影響を受け、ヒリスに対して少しは態度を変えるかもしれないですね。

さて、アメリエ家が用意したものは、カリキアの血で変化させられたモンスターのことだと思いますが、母親からのプレゼントだったのですね。悪趣味です。

そして暴走したようです。今度もヒリスが対応するので大丈夫だと思いますが、ヒリスがガブリエルの身代わりになったときもモンスターの暴走だったと思うので、モンスターの暴走はたまにあることのようですね?


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください