漫画「接近不可レディー」35話のあらすじと感想!ネタバレ有り

※全話一覧・登場人物まとめはコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「接近不可レディー」原作:Kin、作画:Mingsung、原題:접근 불가 레이디

毎週月曜に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

漫画「接近不可レディー」35話のネタバレ

ヒリスは4回目の生のディエゴは少し自分に優しかったから、今回は信じてくれるかもしれないと思い、ディエゴに過去にあったこと全て話した。

だが気が狂ったと思われ、信じてもらえず、ますます部屋に閉じ込められるようになった。

さらに、過去と同じようにカリキアの血を毎日摂取しろと言われた。

ヒリスは、これがカリキアの血だとわかっていること、身につけても効果があること、過去はこれを摂り続けたせいで死んだことを話し、まさかまた私の命を奪うような真似はしないだろうと、すがるように父に尋ねた。

だがディエゴは突っ撥ね、家族のために摂れと命じたのだった。

いつか諦めるのではないかと思ったヒリスは、摂取を拒否したが、焦ったディエゴは、ヒリスを押さえつけると、体に直接カリキアの血を入れ始めた。

効果があるように見えたが、繰り返すうちにカリキアの血が入った部分から変形し始め、モンスターのような見た目になってしまった。

見た瞬間にガブリエルは逃げ、兄に助けを求めても手を振り払われ、二度とヒリスを訪ねることはなかった。

そのような過去を思い出したヒリスは、カリキアの血で姿を無理矢理変えさせられたモンスター達も、救ってくれる人を待っていたのだろうと考える。

一方、ガブリエルは久々に街へ買い物に来ていた。

そこへ、ヘリオナとオズモンドが現れ、婚約一周年記念パーティーの招待状をヒリスに送ったが、ヒリスは返事があったもののガブリエルはなかったと話す。

ガブリエルはヒリスから聞いていなかったので、なんとか誤魔化そうとしたが、ヒリスが当主になって居づらいのだろう、無理しなくてもいいと言われてしまう。

ガブリエルは、仲が良い姉妹なのだから二度とそのようなことを言わないでと、涙ぐんでその場を去った。

ヘリオナらは、もうリカルドやガブリエルを持ち上げる必要はないと考え、婚約パーティーがどのようなものになるか楽しみになるのだった。

漫画「接近不可レディー」35話の感想

前回、ヒリスは異形となった獣達を殺しましたが、まさかそれがヒリスが体験したから知っていただなんて思いませでした。

このような死ばかり経験していれば、死を望むほど全てに失望するのは仕方ないかもしれません。

それでも7回は家族を信じていたのですから、ヒリスの家族愛はすごいですよね。他の人だったら、2,3回回帰したあたりで諦めているかも。

ディエゴがヒリスの話を信じなかったのも仕方ないのかもしれません。信頼関係があっても、なかなか信じることができない内容ですよね。

さて、ヒリスが継承者だったので、血の繋がりがないのに屋敷で好き勝手やっていたガブリエルは、周囲から梯子を外され始めました。

ヘリオナとオズモンドは、そんなガブリエルを嘲笑っています。婚約パーティーでもガブリエルを晒し者にするかもしれないですね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください