漫画「私が娘ですか?」56話の作品内容とあらすじネタバレ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「私が娘ですか?」原作:Flow、漫画:HASH、原題:내가 딸이에요?

毎週水曜日に最新話が更新されます

前回のエピソードあらすじはコチラ

漫画「私が娘ですか?」56話のネタバレ

ケイシーはハウトに腹を刺され、戦闘不能になったため、ノアとヘイリンは敵に囲まれてしまった。

終わりだと近づいてくるハウトに、ノアは、幼い子を捕まえるためにここまでするとはすばらしい騎士道精神だなと皮肉る。

ハウトは、ノアは殺すが、カリスト家が厄介だからか、ヘイリンは害さないと言う。

ヘイリンは、自分が剣も魔法も使えないことに焦るが、他人の記憶を操り味方にできると言っていたテオの存在を思い出し、テオを握って力が使いたいと祈った。

だが何も起こらず、その間、ノアはハウトに対し、火炎弾で攻撃した。

だがハウトには効かず、ノアは斬り殺されそうになる。

慌てて駆け寄ったヘイリンの指が、ハウトの手に触れると、一瞬暗闇と茨だけの空間に飛び、その後すぐに現実世界へ戻った。

ヘイリン以外の動きは止まっており、ひとまずハウトの剣を叩き落とすが、今の場所がハウトの記憶の中だと言うことに気づく。

浮かんでいるテオに、元の場所に戻ると言うと、また暗闇と茨の空間に戻った。

テオの指示で、茨の1本を斬ると、第二皇子を殺すという、ハウトの悪意そのものが伝わって来た。

記憶操作するたびにその記憶に向き合わなければならないのが、テオが言っていた記憶操作の難しさのようだ。

これらの記憶を全て見ることが辛くて怖いが、泣いている場合じゃないと気持ちを奮い立たせ、テオを手にするのだった。

漫画「私が娘ですか?」56話の感想

ケイシーが大変なことになっていました。

名前ありのキャラクターですから今後も登場すると思うので、死なないとは思うのですが、お腹から出血しているのは厳しそうですね。

追い詰められたノアとヘイリンですが、ヘイリンは早速テオの力を使うことになりました。

52話で、テオが強い力だから、使う時は最近ものだけにしろと話していました。

対象に触れる必要があるので、扱いづらいですが、一瞬で記憶の中に入ったので、確かに強力でしたね。

ただもろに感情を受け取ってしまうので、強靭な精神が必要になるようです。

タイムリープし、精神年齢が高いはずのヘイリンなら耐えられるでしょうか。

ヘイリンが記憶操作している間は、現実時間は全く進んでいないのでしょうか。とんでもない力ですね。

これでなんとかノアを助けてあげたいですね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください