漫画「私が娘ですか?」55話の作品内容とあらすじネタバレ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「私が娘ですか?」原作:Flow、漫画:HASH、原題:내가 딸이에요?

毎週水曜日に最新話が更新されます

前回のエピソードあらすじはコチラ

漫画「私が娘ですか?」55話のネタバレ

ヘイリンがノアは無事かと声を出すと、騎士ケイシーに背負われたノアが返事をした。

無事ではあったが、状況は悪く、逃げるしかない。

襲撃者には魔術師もおり、騎士達が自分が残るからお嬢様をなんとか逃がしてほしいと、隊長のアイヴァンに進言する。

アイヴァンは悩んだものの、部下たちに任せ、ノアと、ヘイリンを抱えたケイシーを引き連れ逃げ出した。

アイヴァンが道をふさぐ敵を倒し、走って逃げる。

待ち伏せている敵が多く、進むのが困難になったため、アイヴァンは一人残って足止めするという。

ヘイリン、ノア、ケイシーで近くの村まで逃げて身を隠す予定だったが、レイカード侯爵の騎士ハウトという熟練者が現れた。

レイカード侯爵は皇子の祖父であり、魔塔で生産された魔法道具の流通を担う人物で、魔術師を雇える財力と人脈をかなり持っている。

騎士が、何故皇子の祖父が皇子の命を狙うのかと言うと、皇子は皇帝陛下の子ではないから、皇族の恥となる皇子を消すのだと言う。

ケイシーは、そのような妄言を陛下が信じ、それに従うものがいるなんて理解できないと言い返し、先代皇后の命日を祝う名目で殿下を呼び出したのかと言う。

ノアは、もう諦めているのか、気にしてないと言うので、ヘイリンは悲しくなる。

草陰からレイカード侯爵の騎士がさらに現れたので、ケイシーはノアに、カリスト公女の護衛を任せ、襲撃者の相手をする。

ノアはヘイリンの腕を掴んで走りだすのだった。

漫画「私が娘ですか?」55話の感想

襲撃者は、ヘイリンだけでなく、ノアも狙っていました。

ノアが皇帝に嫌われている理由ですが、まさか実子だと思われていなかったとは。

皇太子が猫目で皇帝そっくりですが、ノアは優しそうな目をしてますものね。

51話で髪が真っ黒でも綺麗かと、ノアがヘイリンに質問していたので、もとの髪の毛は真っ黒なのかもしれません。

黒髪であることや、魔族に近い赤い目を持つこと、魔力量の多さから、実の子ではないと思われているのかもしれませんね。

それでもノア自身には何の責任もないので、いつも命が狙われて可愛そうです。

ノアは幼いですが戦う力はあるので、ヘイリンを護りながら逃げることになりました。

ヘイリンもテオを持っていますが、テオは戦闘向きではないので、このまま援軍が現れないなら厳しいかなと思います。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください