漫画「接近不可レディー」32話のあらすじと感想!ネタバレ有り

※全話一覧・登場人物まとめはコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「接近不可レディー」原作:Kin、作画:Mingsung、原題:접근 불가 레이디

毎週月曜に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

漫画「接近不可レディー」32話のネタバレ

エンリケが、少し前に聖なる力を使わなかったかと訊くので、ヒリスは、確かに使ったが何か問題があるのかと訊き返すと、香りが強くて耐えられそうにないとのこと。

ノートンもそう感じており、ドアを開けてから報告したいと言う。

以前、アクシオンも、ヒリスが異能を使った後に危険な感じがすると言っていたのを思い出し、残り香でも他人には耐えられないほどなので、ドアを開けるのを許可する。

その後、ヒリスはアンから、手を怪我したときに巻かれていた、男性もののネクタイはどうするべきかと尋ねられた。

アクシオンに返さなければいけないが、ヒリスは気が進まなかった。

ヒリスの指示通りにキレイに洗ったそうだが、お返しに新しいものを購入してはどうかと提案され、ヒリスは断り、箱にいれておくように指示する。

その頃、テルゾ・カリキアの従弟ビンセントと、コーデリア・モンタナ嬢が、カリキアの屋敷にいるテルゾに声をかけた。

カリキア家とモンタナ家を繋ぐため、コーデリアと結婚したビンセントがモンタナ家に入るだろうと、テルゾは考える。

コーデリアはビオレッタに会いにきたそうだ。

幼馴染のビオレッタとコーデリアは仲が良く、そのビオレッタがテルゾを嫌っていたので、コーデリアはテルゾと距離をおいていた。

テルゾは一人で歩きながら、これまで長老たちはテルゾをビオレッタを結婚させようとしていたのに、ヒリスが現れてからヒリスを薦めるようになってきたと考えていた。

テルゾが部屋に戻ると、隠し場所に手紙が入っていた。

マゴの登場は予想外だったが、オークションにかけられたカリキアの血はテルゾの手元にあるので、そろそろ動こうかと考えた。

彼は手紙を燃やしながら、ビオレッタとコーデリアを思い浮かべ、どう使おうかと怪しい笑みを浮かべるのだった。

漫画「接近不可レディー」32話の感想

ヒリスが異能を使うと、薔薇の香りがするのだとは思うのですが、何か意図せぬ効果があるようですね。

エンリケが顔を赤くしていたので、魅了するような効果があるのでしょうか。

でもヒリスが望むのは、死ぬことなので、今更そのような効果があっても煩わしいだけでしょう。

アクシオンから向けられた好意も、煩わしいもののようで、彼を関係を深める気はないようです。

イノアデンは、相変わらずなヒリスの淡々とした日常でしたが、カリキアは怪しげなことになっていました。

テルゾが良からぬことを企んでいるようですね。ビオレッタが警戒するなりのことはありました。

ビオレッタはヒリスと友達になったので、テルゾが何かしかけてきても、ヒリスがいるので安心ですね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください