漫画「接近不可レディー」33話のあらすじと感想!ネタバレ有り

※全話一覧・登場人物まとめはコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「接近不可レディー」原作:Kin、作画:Mingsung、原題:접근 불가 레이디

毎週月曜に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

漫画「接近不可レディー」33話のネタバレ

久しぶりに会うことができたビオレッタとコーデリア。

コーデリアから、ビオレッタが寂しがっているとテルゾが言っていたと聞くと、ビオレッタはテルゾの言動に不愉快になった。

コーデリアは、久しぶりなのだから楽しい話をしようと言い、ビオレッタをなだめる。

コーデリアとビンセントの婚約がきまりそうな件について、ビオレッタは、誰であってもコーデリアが望む人と一緒になればいいと励ます。

ビオレッタは、コーデリアの想い人が他にいることを知っていた。

他に相手がいなかったら、私たち二人で結婚しようと言い、二人は微笑みあう。

ヒリスについて聞かれたビオレッタは、ヒリスと友達になりたいと話す。

コーデリアは、気難しいビオレッタに好意を持たれたヒリスが気になり、ヒリスの祝宴時はどのような感じなのか後で教えてほしいと言う。

ビオレッタは、本当にヒリスの友達になれたら良いと思うのだった。

一方、リカルドは以前からの約束のため、イノアデン家傘下の令息が集まる、とある一室を訪ねた。

イノアデン傘下マリベル家のオズモンド・マリベルが、リカルドを出迎え、お酒を用意する。

いきなりのお酒に戸惑うリカルドに、令息らは、もうリカルドをバラの貴公子と呼んでいいかわからない、バラの主をヒリスが継いだこと指摘する。

そして、ヒリス嬢にはまだ婚約者がいなようだから、挨拶させてもらえないかと言われる。

リカルドは、ヒリスのことなど話題にでたことがなかったのにと動揺する。

オズモンドは、リカルドが困っているじゃないかと皆を窘め、リカルドは今でもみんなの中心だと言う。

リカルドは気にしていないと言ったが、不安で仕方ないのだった。

漫画「接近不可レディー」33話の感想

ビオレッタとコーデリアは、ただの幼馴染ではなかったのですね。

異能という力があるこの世界では、血筋重視の結婚になってしまうのは仕方ないのでしょうけど、愛する人と結ばれないのは辛いでしょうね。

だからディエゴのように暴走する人も現れるのでしょう。禁じられている分、燃え上がっていそうです。

それはさておき、政略結婚で巻き込まれるビンセントも辛いですね。しかもコーデリアの想い人は女性なので、勝負しようがない。ビンセントも彼女を好きかどうかはわかりませんが。

さて、ヒリスが異能を継いだために、すっかり立場を無くしたリカルドですが、やはり周囲の人間から軽んじられるようになりましたね。

ヒリスが継ぐかもしれない可能性を忘れずに、もっと慎ましく過ごしていれば、多少不愉快なことがあっても集団で馬鹿にされることは無かったのでしょう。

もう後は、ヒリスにあわせてやるという餌で、相手を黙らせるぐらいしかできないかも。

ヒリスと関係修復しなければなりませんが、ヒリスにはリカルドから見殺しにされた記憶があるので、無理でしょうね。一度だけではないですし。

まとめ

・ビオレッタとコーデリアは、相手がいなければ結婚しようと誓い合う

・ビオレッタはヒリスと友達になりたがる

・ヒリスが当主になったために、リカルドの立場は怪しくなった


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください