漫画「ある日、私は冷血公爵の娘になった」127話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※エピソード一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマにて連載中の「ある日、私は冷血公爵の娘になった」作画Cotton、原作Siya、原題나는 이 집 아이

毎週月曜に最新話が公開されます。4週更新、1週休みとのことです。

前回のエピソードはコチラ

漫画「ある日、私は冷血公爵の娘になった」127話のネタバレ

エステルは、エメルに深く口づけされ、顔を真っ赤にして離れる。

怪我人で良かったと皮肉を言い、部屋をでたが、顔は真っ赤なままで、思い出して身もだえた。

するとロイが、伝令がシャシャからの手紙を持ってきたと声をかけてきた。

手紙の内容は、すぐに相談したいことがあるが、手紙では説明しきれないから、会いに来て欲しいというものだった。

エステルは、エメルが心配なことや、父と兄に伝えるべきことがあり迷ったが、伝令には明朝すぐに伺うと伝えて欲しいと指示する。

その夜、エメルは一晩中熱にうなされていたので、エステルは彼のそばについていた。

エメルはうなされながら、夢の中だけでも拒まないでと言うので、エステルは、ずっと一緒にいると言い、手を握った。

そして自ら彼に口づけするのだった。

朝になり、エステルとロイはシャシャのもとへ。

リーベル男爵邸のシャシャを訪ねると、シャシャはげっそりとやつれ、震えていた。

シャシャがエステルと二人きりで話したいと言うので、ロイは困惑したが、エステルは自分の友人だからとシャシャと二人きりで部屋へ。

シャシャは震えながら、ワインが飲むかと言うので、エステルは何か飲んだ方がいいと思い、一緒にワインを飲む。

するとシャシャは涙を流し、子供がいなくなってしまって仕方なかったのだと、エステルに謝った。

エステルの意識は遠くなり、その場で倒れてしまうのだった。

漫画「ある日、私は冷血公爵の娘になった」127話の感想

エステルとエメルのスレ違いは解消されました。二人がちゃんと恋人になれたので良かったです。

エメルが患った毒は、一般人なら死ぬほどの猛毒だったので、彼はかなり苦しみました。でもエステルがずっと傍にいたので、心強かったでしょうね。

そうやって支え合う二人に戻ったのに、今度はエステルが毒を盛られましたね。

精霊がいない今、父や兄などに相談してから向かうべきでした。

シャシャは何者かに子供を拉致され、エステルを嵌めるように脅されているみたいですね。

エステルが精霊士でないと判明したから、このような凶行に及んだのでしょうか。

125話でグレープフルト侯爵が、かなり彼女を睨んでいたようなので、侯爵が仕掛けたのでしょうか。

エステルもカスティージョも敵が多いですからね。エステルの友人を狙ったところを見ると、エステル本人に恨みがある人間の仕業でしょうか。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください