漫画「私が娘ですか?」53話の作品内容とあらすじネタバレ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「私が娘ですか?」原作:Flow、漫画:HASH、原題:내가 딸이에요?

毎週水曜日に最新話が更新されます

前回のエピソードあらすじはコチラ

漫画「私が娘ですか?」53話のネタバレ

契約の痛みでヘイリンは震えていたが、ふとテオがいなくなっていることに気づく。

だがテオはブローチほどのサイズまで小さくなり、ヘイリンの手に握られていたのだった。

テオはペンダントトップとして、ヘイリンの首にかけられた。

一週間後、ヴィンセントは、昨晩からの大雨で西北の橋が壊れた件で、フィヨルドに着いてすぐだったが、ヘイリンを残して現場に向かわなくてはならなくなった。

ヴィンセントはヘイリンを心配し、聖剣を誰にも知られてはいけないと念押しする。

ヘイリンは、ヴィンセントのためにしか使うつもりはなかったので、元気よく返事をする。

ヴィンセントは、一人で辛かったらいつでも来て良いと言い、出発した。

ヘイリンが、窓から公爵の馬車を眺めていると、眠い目をこすりながらノアがやってきて、ヘイリンにもたれかかった。

ヘイリンは顔を赤くする。

ノアが、ヘイリンの母親捜しについて最後まで付き合えたらいいと言うので、ヘイリンは、始まりは全てノアだったと思い出した。

母のことも、公爵に出会えたことも、全てノアのおかげだったので、ヘイリンは、最後まで一緒に見届けたいと笑顔で答える。

すると大きな雷の光と音がして、ヘイリンは怯えてしまった。

ノアが指を鳴らすと雷も雨の音もしなくなった。

ノアはヘイリンに、何か不安なことがあるのだろう、誰にも言わないから教えてほしいと言う。

ヘイリンは、失望されそうだから、公爵と母の墓に行きたくないと話す。

ペンダントの母親の肖像画を慈しんではいたが、同時に、自分を捨てたことと、そのせいで悲惨な最期を迎えたことの恨みを持っていた。

ノアに、公爵はそう思わないと言われ、親のことを恨むのは悪い子だと言うヘイリン。

ノアは、好きな人にはみっともない姿は見せたくないしのは普通だと言う。

ヘイリンは、これまで大切にしてくれたヴィンセントの言動を思い出し、確かに受け入れてくれるから大丈夫かもしれないと思った。

ヘイリンはノアに抱き着くと、10歳なのにいつでも自分を励ましてくれるノアに感謝し、彼の力になりたいと思った。

ノアは顔が真っ赤になるのだった。

漫画「私が娘ですか?」53話の感想

テオとの契約は、終わっても痛みで震えるぐらいなので、小さな体には相当きつかったと思います。

契約は大変でしたが、テオはアクセサリーに変わったので、聖剣だとバレづらいですし、持ち運びも簡単です。今のヘイリンにピッタリに変化しましたね。

ヴィンセントは忙しいので、ずっとヘイリンの傍にいられないですが、まだ幼い皇子であるノアは残ることができました。

ノアがいてくれるなら安心です。

ノアは常にヘイリンを護ってくれていますね。彼と出会わなければ、辛い運命から抜け出すことはできなかったでしょう。

ノアにとっても、ヘイリンの存在は癒やしなので、お互いなくてはならない存在ですね。微笑ましい二人です。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください