漫画「骸骨兵士はダンジョンを守れなかった」145話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマにて連載中の「骸骨兵士はダンジョンを守れなかった」原作sosori、漫画Antstudio、原題・해골병사는 던전을 지키지 못했다

何度死んでも記憶と能力を維持したまま復活する、無名のスケルトン兵士が主役の転生ダークファンタジー漫画です。

毎週土曜日に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

漫画「骸骨兵士はダンジョンを守れなかった」145話のネタバレ

※主人公の骸骨兵士は『彼』で、他の男性キャラクターは個人名でまとめてあります。

彼はこれまで何度も人生を繰り返してきたが、変化があったのは、ル・リウム使ったときと、シナリオを変えたときだけだということに気がついた。

彼以外がル・リウムを使用する度に世界が変わっていたら、歴史はめちゃくちゃになっていたかもしれないし、そもそも把握しきれない。

まだ確信するには早いが、後でアイザックに訊こうと考えた。

その前に、彼はシャルニアンとナニャウに近づき、私を捜しているのではないかと尋ねる。

2人は素知らぬフリをしようとしたが、彼自らついて行くと言う。

そして以前と同じように拘束された状態で(105話)、レナと対面した彼は、同じようにレナと二人きりで話すことになった。

外に出たシャルニアンとナニャウ。

シャルニアンは、自分の予言が働かないあの骸骨の存在が気に食わず、ナニャウも、得体の知れない彼の存在が気になっていたが、危険な感じはしなかったので、レナに任せたのだった。

レナは、前回のようにナイフを突きつけたりせず、彼の対面に座ると、話せること全て教えてほしいと頼んだ。

彼は前回、正体不明の騎士のせいでレナを失ったので、二度と繰り返さないよう、皇室のル・リウムに手を出すなと警告する。

前世の縁だと聞いたレナは呆れつつも、彼の話を聞く度に記憶が鮮明になるので、事実だと理解した。

レナは立ち上がると、彼にナイフを振りおろし、彼に着けていた手枷をはずした。

どうしてと不思議がる彼に、レナは、彼に助けてもらわなければ、自分も妹も暗い人生を送っていた、過去を変えてくれてありがとうと微笑んだ。

彼の話を聞いて、記憶が全部戻ったそうだ。

また、シナリオをクリアしたら、復活を繰り返すたびに記憶がはっきりするようだ。

レナが、あなたの方からは何かないのかと訊かれ、彼は、シャルニアンは予言者なのに何故作戦失敗の警告をしなかったのだろうかと尋ねる。

レナは、予言者は知らない存在には抽象的になる、だから彼を捜すときも夢の内容を詳しく説明しなければならなかったと話す。

それでもシャルニアンの実力なら吉凶を知ることができただろうが、その灰色の騎士はシャルニアンには認識できない存在なのだろうとのこと。

レナは彼に、自分が死んだ後の情報を求め、彼は帝国軍と連合軍の戦争の話をする。

それを聞いたレナは、本当に戦争が起きたらアンバー本部に連絡しておいた方が良いか呟く。

また、夢の中で彼を大切に思っていた、可愛らしい女性(ルビア)はどうしたのかと言う。

彼は、実はルビアについて悩みがあると打ち明け、エラストの領主争いについて相談した。

領主を決定するのに、レアンドロ侯爵が来てほしいことを聞いたレナは、レアンドロ侯爵が極秘で皇室の盗難事件の捜査を始めたので、エラストに来ないことを教える。

それが終わればバシリスク戦が予定されているので、他の任務をこなすことはできない。

レアンドロ以外の大上造も任務がある状態なので、エラストに来ることができるのは、ビブリオ名誉公爵しかいないとのことだった。

漫画「骸骨兵士はダンジョンを守れなかった」145話の感想

この世界の『客』である彼だけが、ル・リウムを使って世界を変えることができます。

彼しか変えることができなくても、121話で皇室のル・リウムを手に入れていたら、それも量が多すぎるせいで、世界がめちゃくちゃになっていたのでしょうね。

彼はアイザックに相談しようとは思っていますが、まだまだ足場固めが必要なようです。

今回はレナが登場しました。絵柄が変わり、少し幼くなりましたね。レナのシナリオ中は、彼と恋人のような雰囲気でしたが、今では悪友のような付き合いになっています。

また、シナリオクリアしたキャラクターは、より記憶がハッキリすることがわかったので、彼は安心できる相談相手ができました。心強いですね。

こうなると、他のキャラクターもシナリオクリアを優先させた方が良いですね。ステータスも上昇しますし、彼が動き回らなくても今後の対策を練ることができます。

ギスとカリンはシナリオ解除されていない(49話130話)ので、まずはこのままルビアをエラスト領主にして、領主レベルを上げなければなりません。

皇室をどうにかしないと、ルビアの領主シナリオはクリアできないかと思っていたのですが、皇室とは誤魔化しながら付き合うことで、領主レベルをあげることができるのでしょうか。

それとも、ルビアのシナリオを進めているうちに、ギスやカリンのシナリオが解除されるのでしょうか。複雑ですね。

さて、シナリオに関わる重要なイベント、エラスト領主審査にやってくるのが、レアンドロからビブリオ名誉公爵という人物に変わりました。

花に水をやる優しそうなおじいさんでしたが、レアンドロを交代させてまでということは、ビブリオは皇室側の人間なのでしょうね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

20 COMMENTS

TaoCheng

予想外に彼はナニャウたちを疑わず飛び込んでいきましたね。色々な人物と出会い酷使された過去を乗り越え信じる心が身についたのかもしれません。ともあれ久々のレナの力強い笑みが見られました。
ビブリオ名誉公爵…相変わらず読めない展開ですね。エラストが助かるには何かと帝国への忠誠が薄い少女公爵を味方につけるしかないかと思いましたが、まさかの見るからに善人系…吉と出ると良いですね。

返信する
猫野

TaoCheng様

言われて見れば確かに、彼は迷うこと無くナニャウ達に話しかけてましたね。彼が自ら捕まったせいかもしれませんが、前回105話のやりとりより、随分と穏やかに話が進みました。
また、レナの存在は心強いですよね。前回よりも成長しているでしょうし。
ビブリオ名誉公爵は、ビブリオしかエラストに行くことができない状況になっている時点で、厄介な敵だと思いますがどうでしょう。レイ・カークを指名するのではないかと心配です。

返信する
TaoCheng

ビブリオは想像以上に厄介でしょうね。欺瞞の魔王でも解けぬアイザックの結界を破ってしまう少女公爵を責任をとらせるなどの名目なしに従えてる感じがしますし。
考えられるのはシステム関係者…何故か誕生日を迎えられず死んでしまうバティエンヌの運命の変更をエサにしてるのかもしれません。
あとは102話で彼がシステムに同化率の固定と記憶の天幕の削除を赤ウインドウで告知されたのに影響無しなので、いいかげん調査か制裁にやってきそうな気がします。

返信する
猫野

TaoCheng様

そうですね、少女公爵が動いているわりに、ビブリオがこれまで登場してこなかったのをみると、ビブリオは少女公爵よりも上の立場なのかもしれません。
バティエンヌは、誕生日を迎えらえない、恋人も自分も殺される等、悲惨な運命ばかり繰り返してますよね。今回の生は、少しでもこの運命が変わると良いですね、
もしシステムの管理者がいるなら、厄介な彼は排除しようとしても、通常の死では復活するし、灰色騎士では殺せないし、結界に閉じ込めようものならアイザックが破るので、彼の存在に頭を抱えていそうです。

返信する
Google翻訳の文法で申し訳ありません

皇室の盗難事件の捜査が終わればバシリスク戦が予定されている』
このバシリスク戦は自然な出来事でしたか、それとも皇室の盗難事件の捜査任務の後さらに手配された仕事でしたか?(これまでこのような任務については何も言及していませんから)
例え通常のプロセスならば、皇室の盗難事件の捜査任務を解決した後もまだ時間があれば、レアンドロはエラストの領主任命任務を自然に消化することができます。ならば皇室は彼のスケジュールで余分な仕事を与えられました、事後さえ領主を任命するの時間が決してないであろうという言い訳を作成しましたか?
それとも、当初予定されていたのスケジュール元々は「エラストの領主の任命→バシリスクの戦」(彼は「予定を調整しよう」と呟くと、バシリスク戦を後で延期する)ですか?単純にバシリスク戦はすでに差し迫った仕事の1つです。いずれにせよ、それは次の任務として処理する必要があります(皇室もこれを知っており、この上に他なことをする必要はありません)か?
アイザックが以前に言ったこと(106話)から、剣主の仕事は元々凶悪なモンスターの討伐を含んでいるように思われるので、この種の任務があることは合理的です(上記の2つの理解のどちらも不自然ではありません)。
全体的に、私はそれを後者として解釈する傾向があります、バシリスク戦は帝國の別の動きに関係しているようですから(111話、レナの情報によると)。
どんな状況でも結局、この領主の任命任務は、他の人に完全に引き渡されて処理されました(彼自身の仕事のスケジュールから削除されました)のようです。

ちなみに、前世のバシリスク戦はイエメラの神殿編の頃に起こったこと、この情報を使ってタイムラインを考察できます。
今の時点は、前世のダリアークの主人公誘拐事件にほぼ対応できます(多分今世のこの展開は少し早い)、そしてレアンドロ侯爵は領主を任命するまたはバジリスクを討伐するの任務を始めたばかりです。そう見れば、レアンドロはそのすべてを非常に迅速に処理したようです。(主人公側の誘拐と神殿の調査、2つの事件の間に短い時間間隔がありますのため)

返信する
猫野

Google翻訳様

ご指摘通り、バシリスク戦は、エラストの爵位継承に関係ないようですね。ついついエラストばかりに注目してしまいましたが、戦争のための任務もありましたね。
皆さま、内容をしっかり把握されているので、ご意見はとても参考になります。
また、今回の生の展開が少し早いのは同感です。前回と同じように進むのであれば、皇室の盗難事件はあっさり解決しそうですね。仕組まれた単純な事件なのかどうか、詳細が気になります。

返信する
TaoCheng

レアンドロ侯爵はバシリスクのところに行く際にイエメラの石像から解放されたワドゥルスに遭遇してしまったら?
それ以前に盗難事件が皇室の“宝“に興味を示していたアイザックの仕業だったら?
などの今世の新たな問題は侯爵をさらに誕生日プレゼントから遠ざけるでしょうね。少女公爵のイライラも止まりそうもないです…

返信する
猫野

TaoCheng様

彼が起こしに行っていないので、アイザックはまだ棺の中かと思っていました。
レアンドロ侯爵とワドゥルスが遭遇したら、どちらが勝つのでしょうね。モンスターはランク表示ですけど、人間はレベル表示なので比較しづらいですよね。レアンドロのレベルはわからないですし。
誕生日を迎えられないレアンドロが不憫になってきました。

返信する
Google翻訳の文法で申し訳ありません

考察資料:その時点で、主人公はB ++モンスターをかろうじて倒す力を持っています。しかし、S-のワドゥルスに直面して、彼は手も足も出ない。
その後、彼はル・リウム強奪作戦と東部戦線での虐殺を体験し、特典スキル暗黒を獲得。そのような彼の戦闘力は、連合軍側て剣主レベルと見なすのようです。

問題は、現在、この時期に主人公がどれだけ強くなったのかを数値化するのが難しい、この方程式の存在を理解していても、推論の材料として使用することは困難です。(そもそも現時点では、ワドゥルスと戦うとどうなるかわかりません。)
すると、レアンドロ侯爵の強さが「剣主レベル」の曖昧な基準とどのように比較されるのかわかりません。青狐によると(65話)、レアンドロ侯爵は4剣主のうち4番手と言われていたが、実際それは彼のすべての強さではありませんですから、さらに比較しづらいですよね。

個人的に、全体的な描写という点では、ワドゥルスはまだ比較的「格上」な存在の感じようです。(圧迫感は、これまでに出会った敵の中で最も強いもののひとつ。いずれにせよ、ワドゥルスはイエメラとアイザックに関連する伝説的な存在であり、強くないことは想像しがたい。)
また、お互いのオッズがどうであれ、今は主人公とレアンドロ侯爵の間に良い戦いができると思います。

返信する
猫野

Google翻訳様

わかりやすく丁寧な考察ありがとうございます。
確かにワドゥルスは、他のキャラクターとは一線を画す存在のようですね。400年ぶりに目覚める神獣?ですものね。
また、彼とレアンドロが良い戦いができるようになったのならば、彼もついにここまで強くなったのかと、なんだか感慨深いですね。

返信する
TaoCheng

アイザックに関しては何かヘマをやって記憶の保持に失敗しない限りグラスミアを出てると思います。チャンドラー家を使った情報収集の限界を知ったでしょうし。でもそういうヘマをしそうなのもアイザックなんですよね…
私もワドゥルスが勝つと思います。剣主や塔主でS級モンスターに対応できるなら、魔王が復活したところで人類は蹂躙されないでしょう。少女公爵ですらネクロンの許可無く飼育場に出入りしたらレイリーのように蛇に襲撃され大ダメージを受ける気がします。

返信する
Google翻訳の文法で申し訳ありません

これらの言葉は、「アイザックは主人公の死に戻りメカニズムをすでに知っており、そして彼は次の人生で記憶を保つような把握を持って」(前の生のセリフと行動を考慮して)という前提に基づいています、そうですか?その場合、アイザックの行動から、この生の状況を変えた可能性は確かにあります(おそらく前の生にその盗難事件はありませんでした)。
しかし前世から、蒼天の窓と接続することができなかった存在として、アイザックは自分の前世の記憶を維持することができるという兆候をまた見たことがありません。今回、アイザックはもっと重要な情報を学び、意味深な行動を取りましたが、私はそれが今回の記憶を保つことができることを示唆する決定的な情報を見ているようには見えませんと思います(私は何かが欠けていますか?)から、それがそのような展開になるかどうかはわかりません。(どちらが面白いはずでも)

ワドゥルスが胜つについては確かに論理ですね、「剣主や塔主などの強者がいる人間側の戦力ても、魔王軍(強さは不明)に蹂躙されます」、これは今後戦闘力を考察するための一つの重要な基準点として使用できるよね。
ただし、魔王軍などのランクはまだわからない(ランクの設定自体について)ので、現時点では直観に限界があります。(たとえば、Sランク以上の戦闘力がたくさんある場合、剣主や塔主たちがS-ランクのワドゥルスと対戦できたとしても、相手ではありません。)
朝を食う蛇はレアンドロ侯爵よりも確かに強いだと思います、主人公(ル・リウム回路取得前)とレイリーを瞬殺できるという事実から判断するので(レアンドロ侯爵は簡単に彼らを圧倒できるはずですが、それほど徹底的にはできませんの感じようです)。ても、少女公爵とどのように比較されるかはわかりません。(描写では、これらの両方がその時点で主人公に対して絶対的な強さを持っています)

返信する
Google翻訳の文法で申し訳ありません

*誤字:——「前」回、アイザックはもっと重要な情報を学び、意味深な行動を取りましたが、私はそれが今回の記憶を保つことができることを示唆する決定的な情報を見ているようには見えませんと思います——

返信する
TaoCheng

Google翻訳様

アイザックは記憶を蒼天の窓とは関係ない能動的(メダル状態ではできないような)スキルで保護するつもりだと思います。主観を変えるという明確な目的がある以上なにか対策をしてるはずです。彼には蒼天の窓で示されるメッセージ以上の技術力があり主人公の同化率の固定化を回路を拡張するだけで取り消しにしたくらいなので。

少女公爵の強さに関しては、彼がレアンドロ侯爵を殺した理由が87話で言ってるとおり本当に“仕方なく“であり、レアンドロと共に皇室と戦っても無駄なレベルと推測したからです。
個人的にはそうであって欲しいです。本当は皇室に勝てるくらい強いのにレアンドロに愛想をつかしてなんとなく殺してしまった、では少女のキャラが薄っぺらくなってしまうので。
もし彼の言動や行いが芝居でなければ作中一番くらい気に入ってるキャラです。

返信する
Google翻訳の文法で申し訳ありません

私もそう思います、蒼天の窓とは何の関係もないでも、彼が記憶を保つ方法を持っている(このように理解する、彼の前の生のセリフと行動)ことは確かに可能です。しかし、これはまだ不確かなことだと思います。

103話について話しているのですよね?そのように解釈すれば、アイザックがこの死に戻りメカニズムに突破する手段を持っている可能性が確かに高いです。

しかし、この前後の彼の言動は、蒼天の窓や死に戻りメカニズムの仕組みなどの詳細を理解していないようであり(これがすべて彼の演じではない場合)、それは今世の主人公を通して得られたすべての一方的な情報です。(アイザックがケビン・アシュトンの多くの関連する研究を通してそれらの存在を理解したとしても、それは彼がシステムに干渉することができるの知識を含むべきではありませんのようなはず)
そして、このような彼が十分に理解されていないこの分野の問題については、彼の既存の手段では突然解決できないはずですよね?
特に今回のエピソードでは、どちらも主人公の気を失うの原因と彼を目覚めさせる方法についてこれ以上話しませんでした(作者はこのような説明をしなかった。これが本当にそのように理解されるのであれば、主人公はさらにアイザックに尋ねるべきであり、そしてアイザックは彼はこれすべてに何をしたのかを説明また誤魔化するはずです)。
私の理解では、彼らは何が起こったのか正確にはわかりませんが、要するに、アザックは彼が知っていた回路を拡張するという「力技」を通して彼を強制的に目覚めさせました。

そして、「同化率低下防止のため、この奴隷は世界に固定する、記憶の天幕を削除する」というメッセージは、今までのところ、それが何を意味するのかまだ確認できません。
その後、主人公に問題は見られなかったようですが、もしかして当時主人公の体を操ったのは人格(?)について話だったのではないでしょうか?
両者は具体的な状況がはっきりしていないようで、それについて話すのを放置、物語の中での行動を続けるの展開だけであるようです。前の対話の流れから判断すると、不自然に思えます(主人公はアイザックの質問に答えなかったし、今の状況についてもっとはっきりと考えることもできなかった。アザックもそれ以上質問しなかった)、彼ら全員が前のある程度の記憶を失ったのだろうかと私は思っています(それらのメッセージの意味はここにある);それとも、主人公(ルビアを含む可能性もあります)だけが記憶を失った、アイザックが本当にシステムに干渉し、主人公の記憶喪失を発見した後、彼は何もないふりをしました。(この状況はより複雑です)

少女公爵の強さに関しては、確かにそこからは、少女公爵の力で、レアンドロ侯爵のためだけに皇室に逆らうことは不可能(無駄だけ)だと私も同意します。(そして、キャラ性に関しては、もっと激しく同意します)

ただし、皇室勢力の組織構成は明確ではありません。
この蛇に加えて、他の強者がいるはずです。例えば、たとえ少女公爵の力が蛇を上回っていても、全勢力と争う方法はありません。または、少女公爵がレアンドロのために王室を裏切るとき、実際に蛇が彼らと同じ線上に立つ可能性があることを否定することはできません。(ネクロン紳士会は皇室の中核と密接に関連しているように見えますが、彼らと少女公爵の関係についてはまだわかりません。)
そのため、これを素材として直接使用して、両者の強さを比較することは困難です。

気づいた時、よく考察しました、とても長文となり失礼します。

返信する
猫野

TaoCheng様

アイザックが記憶を保持していたとしたら、アイザックの行動は読めないので厄介ですね。ただ前回の死に際で、彼がアイザックの精髄をどれだけ吸収できたか精髄吸収できるのはまだ把握してないかもでした;;あの後の状況を確認するために、先ずは彼に接触するのではないかと思います。その内容によって動き方が変わるでしょうし。
ワドゥルスについては、皆様の仰る通りですね。私があまり深く考えずにコメントしてしまいました。確かに、Sランクを剣主・塔主で対応できるならば、魔王に蹂躙されないですよね。

返信する
TaoCheng

猫野様

アイザックは精髄吸収は知ってると思いますよ。プルソン信者達を全滅させた時、彼に吸収を促してましたし。
そしてアイザックの精髄に関しては何か細工がしてあって吸収出来なくしてあった気がします。測定可能なレベルの通常スキルが0ですからね。

115話のアイザックの拗ねっぷりを見る限りかなりの寂しがり屋なので、彼が成長しすぎずまた頼ってくるように仕向けたのかもしれません。でもそうしたことを恥じて逆に姿を見せない可能性もあります。厄介な主観です。

返信する
猫野

TaoCheng様

アイザックのスキルが吸収できなかったのは、彼の能力不足&アイザックが異次元なので、スキルを一切確認できないのかと思っていましたが、アイザックが手を回していたのですね。
アイザックが寂しがり屋なのは同感です。早く再登場して欲しいですね。

返信する
Google翻訳の文法で申し訳ありません

私がもう一度考えました、全体的な描写は少し微妙な感じですね……
お互いの勝算がどうであれ、今は主人公とレアンドロ侯爵の間に良い戦いができると思いますが(レアンドロの侯爵はまだ明らかに有利であるはずと思う)、その時点で主人公(剣主である疑いな実力者)はまだ塔主に圧倒されます。(私の印象では、レアンドロ侯爵が彼らに直面したときに明らかに不利になるとは想像しがたいです)
そもそも、剣主と塔主は同じレベルの存在ですか?アイザックのセリフと他設定上の背景から判断すると、いわゆる「塔主」はより強い存在のようです。そして前に登場した2人の塔主(アイザックは、「組織の末端に入ることすらできない者が塔主ヅラする」と述べた。さらに、前にアイザックが言及した「塔主」そういう者のような規格外の術はないようです、それらを塔主の標準と見なすのは本当に正しいですか?)とレアンドロ侯爵は、「塔主レベル」と「剣主レベル」のベンチマークで比較的強いか弱いかは全然わかりません。
実際、現在は全体としての情報が少なすぎて、さまざまな概念の内容を精確に解釈することはできず、さらにの考察することは困難ですね。

返信する
猫野

Google翻訳様

お返事遅くなってすみません;;
塔主内でも力量差がかなりありそうですね。アイザックの言う組織とは何かも謎ですし、剣主もレアンドロ以外登場したことがありませんし、確かに情報が少なすぎますよね。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください