漫画「その騎士がレディとして生きる方法」11話のあらすじと感想!ネタバレ有り

無料マンガアプリ・LINEマンガで連載中の「その騎士がレディとして生きる方法」그 기사가 레이디로 사는 법

原作:ヘリム、文・絵:Ink

イシュタルと呼ばれた女騎士が、同じくイシュタルと呼ばれる貴族令嬢に転生し、仇敵の婚約者と、自分を殺した裏切り者との関係に翻弄される、恋愛ファンタジー漫画です。

毎週金曜日に最新話が更新されます。

前回のエピソードはコチラ

漫画「その騎士がレディとして生きる方法」11話のネタバレ

ルシフェーラは、首を絞められたたために喉を痛めており、ジェザカイアは、あまり喋らない方が良いと言う。

リアム・ヒルカはとルシフェーラが尋ねると、ルシフェーラがリアム・ヒルカを知らないと思っているジェザカイアは、先程の男はリアムではなく屠殺者という殺人鬼だと教え、リアムの目撃情報は誤報だったとのこと。

殺人鬼は捕まり首都にリアムはいないから安心しろ、とジェザカイアが気遣ったので、ルシフェーラは少し感動する。

だが、ルシフェーラの家出でどれだけ周囲に迷惑がかかったと注意され、ルシフェーラは、感動などするかと考えをひっこめた。

それでも今の自分はルシフェーラ本人ではないので、軽率だった、反省しているとルシフェーラが謝ると、ジェザカイアは驚く。

また、彼はルシフェーラではなく殺人鬼を追っていたので、言い過ぎたのではないかと後ろめたくなった。

ルシフェーラが、行動に制限をかけられるのはお断りだ、ハイント公に迷惑をかけないよう父に話す、自分で責任を持つから放っておいてほしいと言い、顔を背けたので、ジェザカイアはイラっとし、彼も顔を背けて黙った。

その夜、アルシャの残党、シトラ騎士団の面々は森を歩いていた。

彼らがグリーン・ヒルに到着した途端、屠殺者の事件が発生し、リアムが殺人鬼にでっち上げられてしまった。

あちこちにリアムの顔写真付きの手配書が撒かれてしまい、計画が思う通りに進まなかったので苛立つ。

彼らの狙いは、彼らのイシュタル・エステルを殺したカーリッドに復讐することなのだった。

漫画「その騎士がレディとして生きる方法」11話の感想

ジェザカイアとルシフェーラは、似た者同士ですね。

どちらも自分の非は素直に認めるけれども、譲歩はしません。自分の意思を突き通します。特にルシフェーラは、アルシャ騎士団のことがあるので、お行儀よく待っていられないでしょう。

ルシフェーラの家出で、伯爵がどれだけ辛い思いをしたか、メイドだって責任を感じたでしょうし、騎士も何人か動員しなければなりませんでした。これは責められても仕方ないですね。

さて、リアム・ヒルカは、実際にグリーン・ヒルまでやってきていました。他の仲間も一緒です。

ルイルク公(多分カーリッド)が、殺人鬼としてリアムの手配書を撒いたのは、自分の命が狙われているからでしょうか。

先に捕まえて始末しようとしたのかもしれませんね。

このせいでリアムは動きにくくなってしまいました。ルイルクは厄介ですね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください