漫画「盗掘王」247話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「盗掘王」漫画3B2S、脚色Yuns、原作sanji-jiksong、原題도굴왕

毎週火・金曜日に1話ずつ、最新話が更新されます。

前回のエピソードはコチラ

漫画「盗掘王」247話のネタバレ

突然現れた見知らぬ男(遼河)に困惑する、妹とその友人。

二人は男がついてきているのに気づき、走り出した。

遼河は、怪しいものではないと言いながら追いかけるが、信じてもらえず、周囲の注目も受ける。

このまま注目を浴びるのは良くないと思い、遼河はゴッホの絵画遺物で吸い込んでから、静かな場所で話そうと考えた。

だが絵画遺物が吸い込んだのは、妹の友人の方だった。

おまけに、絵画遺物は遼河の言うことをきかず、魅力的な人間だと言い、妹ジョイに貼りついた。

私の主人になれと言う絵画遺物をひっつけたまま、ジョイは走って逃げた。

相手の莫大な親和力に遺物が誘惑されたとシステムが知らせる。

今度はアヌビスとセトに追わせ、足止めしたが、彼らも魅了されてしまった。

わんころ達がお腹を見せてアピールしだしたので、これはチャンスだと、彼女はまた逃げ出した。

神クラス遺物でも魅了されるようだ。

過去で、ジョイは重い遺物症候群を患ったが、親和力が高い遺物使用者から遺物症候群の犠牲になっていたことから納得できた。

そうであるならば、不老草薬を一般の10倍は摂取しなければならなかった。

その後も、遼河は彼女を追いかけたが、どんな遺物を向かわせても全て魅了され、彼女にくっついた。

もはや前が見えないくらい、遺物まみれになってしまったジョイ。

遼河は、もう荒縄しか頼るものがいないと、荒縄を呼んで転倒させる。

遺物の塊となったジョイに遼河が近づくと、遺物達は遼河からジョイに主人を変えると騒ぎ出した。

遼河は、カラスの翼を生やし力を引き出して脅すと、遺物達はすぐに引っ込んだ。

そして再度、ジョイを荒縄で縛るのだった。

漫画「盗掘王」247話の感想

遼河はやはり完全に不審者扱いされました。見知らぬ男性が待っていたら怖いですよね。

双子ということで顔は似ていますが、この登場の仕方では、双子の兄だと言われてもなかなか信じられないですよね。

エピソード終盤では、目は赤く光り、黒い翼が生えていますからね。ほぼ悪魔です。

さて、ジョイは親和力が莫大なことがわかりました。力の種類は違いますが、支配力が尋常ではない遼河と双子なだけありますね。

そしてそのせいで過去に命を落としています。

今は薬が開発されているので、普通に生活できていますが、それでも10倍は摂取する必要があるなんて、すごいですね。

この力を身を守る方に活用できると良いのですが。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください