漫画「骸骨兵士はダンジョンを守れなかった」144話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマにて連載中の「骸骨兵士はダンジョンを守れなかった」原作sosori、漫画Antstudio、原題・해골병사는 던전을 지키지 못했다

何度死んでも記憶と能力を維持したまま復活する、無名のスケルトン兵士が主役の転生ダークファンタジー漫画です。

毎週土曜日に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

漫画「骸骨兵士はダンジョンを守れなかった」144話のネタバレ

※主人公の骸骨兵士は『彼』で、他の男性キャラクターは個人名でまとめてあります。

クリスティーナは、川辺で剣の特訓をしていた。

女というだけで、どこでも門前払いをされたのを思い出し、思わず剣を地面に投げ出す。

そして、だれにもチャンスを与えてもらえないことや、家門を守れという父の期待に応えられない自身のふがいなさを嘆いた。

その様子を見ていた彼は、普通に依頼してもうまくいかないと思い、突然剣を抜いて襲い掛かった。

クリスティーナは避け、誰だと怒鳴る。

彼は、剣を抜けばわかると言い、攻撃を止めなかった。

彼は、クリスティーナが実力者であることはわかっていたが、誰にも認めてもらえないことをわかっていた。

だから自信を喪失し、結果、間違った主君に仕えてしまうのだ。

かつての自分も機会を得られず後悔したことと、前回に次の生で償うと決めていたので(133話)、彼はクリスティーナの気力を取り戻そうとしたのだった。

彼の攻撃で川に落とされたクリスティーナは、私の敗けだから放っておけと言う。

だが、彼は彼女の剣を手渡し、再戦を申し込む。

クリスティーナは、からかわれているのかと思ったが、それに応じ、彼と手合わせした。

クリスティーナは、彼がクリスティーナを殺そうとしているのではなく、指導しようとしていることに気づき、失礼な奴だと思ったが、久しぶりに剣で戦うことを楽しく思えた。

5回彼に負けたが、クリスティーナはさらに手合わせを望んだ。

そうして一日中手合わせしたクリスティーナは、大の字で寝転がると、今が人生で最高の瞬間だからこのまま殺して欲しいと願った。

彼は、そんなことのために手合わせしたのではないと呆れ、金塊を手渡すと、それで装備を整えてエラストに行き、レイ・ルビアを訪ねろ、残った金塊はルビアに渡すようにと説明した。

彼が立ち去ろうとしたので、クリスティーナは呼び止め、ルビアに伝えるために名前を教えてほしいと言う。

彼は、前世の縁だと伝えれば良いと言い、疾走でその場を去った。

次に彼は、レアンドロの情報を買おうとしていた。

すると、シャルニアンと歩くトロフィン・ナニャウを見つけ、前回は黒騎士にル・リウムを搾取されたはずだなのに、生きていたのかと驚く。

彼は、ル・リウムでレナの人生が変わったときとどのように違うのだろうかと考える。

また、ル・リウムを使うと彼が魔法が使えるようになったりと世界が変わるが、もしかして自分自身に使ったル・リウムだけが世界を変えることができるのだろうかと気づくのだった。

漫画「骸骨兵士はダンジョンを守れなかった」144話の感想

クリスティーナは、女というだけで、実力を見てもらえる機会すらありませんでした。とうとう心が折れてしまいましたが、彼がなんとかクリスティーナのやる気を戻しました。

これまでクリスティーナは、散々な経験しかしていませんね。

1度目に会ったときははエラスト・トーナメントで彼に勝を譲ってもらったものの、騎士になるならエラストは避けろ(33話)と助言されたので、その後騎士になれたのかどうなのかは不明です(初め、レイ・カークの騎士になったと書いてしまいましたが、コメント欄でご指摘いただきました。ありがとうございます)

2度目は、チャンドラーに仕えていましたが、皇室の手回しで殺されてしまいました。

3度目は、帝国軍と連合軍の戦争にレイ・カークの護衛として参戦し、殺されてしまいました。

今回はどうなるのでしょうか。ルビアとクリスティーナの強い女性同士でうまくいくかもしれません。

そういえばルビアが力をつけたので、レイ・カークが領主になれず、エラスト・トーナメントは行われていないようですね。本来ならもう行われていたのでしょうか。

ルビアを信用できるクリスティーナに任せたところで、お次は、T&Tギルドのシャルニアンとナニャウを見つけました。

ナニャウは皇室からル・リウムを盗み出すときに、黒騎士に殺されていましたね。また元気な姿が見れて良かったです。彼が関わらなければ、無理なことはしないと思うので、もう少し長く生きられるのではないでしょうか。

また、今回のレナはどのような生き方をしているのでしょう。彼女の記憶がどの程度あるのか気になりますね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

10 COMMENTS

TaoCheng

クリスティーナの剣技と今生では統制力に空きがあるルビアの死霊術が組み合わされれば、幽霊達にもかなりの脅威かもしれません。その前に死んで欲しくないですが…
ル.リウムに関してはナニャウなら彼の吸収以外に世界を変える方法を知ってると思いまが、彼は話しかけないのでしょうねー。

返信する
猫野

TaoCheng様
そうですよね、クリスティーナが加われば、幽霊たちを牽制することができるかもしれません。今度こそまともな主君に仕えて長生きして欲しいですよね。
ナニャウについては、やはりアイザックが先だと思うので、彼は話しかけないと思います。皇室を弱らせるために、また協力しあえると良いのですが、まだまだ先のようですよね。

返信する
TaoCheng

アイザックに関して彼は恩義を感じてると同時に用心してるようですが、用心できるレベルの存在ではないので関わらぬが吉でしょうね。そうしないと思いますが。
アイザックがグラスミアで呼び出す準備をしてるのは、こちらの世界の伝承上ではボティスやマルパスなど及びもつかない化け物たちで、ベヘモットを使役できるのは唯一神だけらしいです。

返信する
猫野

TaoCheng様

アイザックは危険ですが、これまで一緒に冒険した中では、最も実力と知識がありましたしね。

アイザックが用意していたというのは、96話の魔界の扉ですかね。皆さんがご指摘してくれるので、ようやく思い出せました。ありがとうございます。
確かに、大陸全体で祭祀を行ってもベヘモットやダゴンまで、と書かれているので、それ以上を呼び出すつもりですね。大陸どころか蒼天システムごと破壊しそうです。
ベヘモットが唯一神しか使役できないのなら、アイザックはどうするつもりなのでしょうね。

返信する
TaoCheng

アイザックは彼と出会うまで蒼天の穴の探求に行き詰まってましたからムシャクシャしたら自分でも使役出来ない魔物を大量に放って、それをマルパスに乗って見物して大笑い…というプランだったのかもしれません。
彼やルビアの事を覚えてればやらない気がしますが世界線の変更でどうなったか…
それより前世で呪力が増した感じなので女神たちを恐れずグラスミアから出て何か始めてる気がします。

返信する
猫野

TaoCheng様

アイザックならやりかねないですね。使役できないほどの強力な魔王なら、自分を監視する女神たちにぶつける手もありますね。

今はどうしているのでしょう。数百年も生きている最強の呪術師な上に、かなりの偏屈者なので、予想するのが難しいですね。シナリオキャラクターではないので、記憶はリセットされていると思いますが、少しは影響があってほしいです。
彼としては、思いがけないところで遭遇して敵対したくはないでしょうから、卵型の棺に収まっていてほしいでしょうね。

返信する
Google翻訳の文法で申し訳ありません

1度目に会ったとき、彼からアドバイスを受けたので、レイ・カークの騎士にはならなかったのだろう(33話)
その後の情報は不明。

この時点では、エラスト・トーナメントはまだ開催されておらず、それはレナのシナリオのセーブポイントの後(現在のルビアのシナリオのセーブポイントから数か月後)に起こったことです。

S / Lものの仕組のため、この漫画は非常に複雑なタイムライン関係を持って、考察する価値がある。 私は個人的にそれを整理しようとしましたが、理解が正しいかどうかまだわからないことがあります。

返信する
猫野

Google翻訳の~様
お名前がなかったので、略称ですみません。

コメントありがとうございます。
ご指摘通り、クリスティーナは、騎士になるならエラストはやめておけとアドバイスされていましたね。うっかりしていました。
エラスト・トーナメントの事も含め、色々と教えてくださってありがとうございます。

物語の内容は確かに複雑ですよね。私も一度、表にしてまとめてみようかと思ったのですが、登場人物も多いですし、なかなか難しそうで手つかずのままです・・・今度また一から読み直して、内容に追いつけるよう精進します

返信する
Google翻訳の文法で申し訳ありません

楽しみにしています。
もしよければ、まとめ記事が作る、そして下のコメント欄でみんなが一緒に考察を行うと非常にありがたい。

まとめWIKI、揭示板スレなど、こんな複雑の物語内容だから需要のに
私はまだ中国語や日本語のサークルでを見つけることがありません。(韓国語が完全に読めないので)

返信する
猫野

Google翻訳の様

そうですね、確かに皆で考察できる場があると良いですよね。
年末年始で忙しいのと、このブログで良い場が準備できるかわかりませんが、それまではコメント欄をご活用いただけたらと思います
ひとまず表を作ることからですよね・・・考えてみますね。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください