漫画「実は私が本物だった」最新話44話のあらすじと感想!ネタバレ有り

※各エピソード一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「実は私が本物だった」原作March、漫画yuun、原題 사실은 내가 진짜였다 

毎週土曜日に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

登場人物まとめはコチラ

漫画「実は私が本物だった」最新話44話のネタバレ

キイラとジークがお茶を飲んでいると、キイラ宛に、祖父やダフネ、皇女アラベラ等からキイラを気遣う手紙が届き、キイラはとても嬉しかった。

ジークは、姉に沢山友人がいることにテンションが上がったものの、心配される原因となったコゼットが許せず、姉が精霊士の力を発現させれば全て終わるんだと、ムシャクシャして言った。

すると空中にマナが出現し、キイラの手の上で手紙へと変わった。

それはエレズからで、キイラの身を守るためにと青い宝石の指輪が入っていたので、キイラはエレズの優しさに微笑む。

するとロゼが、邸宅の雰囲気も変わってきていると報告すると、ジークは怒ったが、キイラは冷静に、仕方がない、それより思ったより静かだ、閣下もコゼットの日課を確認するだけで、特に動きはないと話す。

また、コゼットが使用人達に親切に接しているので、警戒していた使用人たちも段々と心を許し始めているようだと聞き、キイラも動き始めることにする。

とある日、キイラが剣の稽古をしに騎士服で歩いていると、ジョゼフに出会ったので、二人は並んで歩く。

ジョゼフは、キイラに騎士団に顔出ししてもらいたかったが、キイラはもう団長ではないからと遠慮する。

しょんぼりするジョゼフに、キイラは、手合わせなら時々するからとなだめると、ジョゼフは、すぐにでもできますと喜んだ。

じゃあとキイラが立ち去ろうとすると、ジョゼフは呼び止め、自分はキイラお嬢様に仕えると誓った騎士だから、辛い時は頼ってほしいと言う。

キイラは、ありがとうと優しく微笑んだ。

その後、キイラは1人で、回帰してからご無沙汰だった剣の稽古を始めた。

すると、コスモスが綺麗に咲いていたからと、コスモスを沢山抱えたコゼットがやってきて、キイラが剣を持っているのを見て、小さな悲鳴をあげる。

キイラは、予想通り現れたコゼットに、危ないから少し離れていてと言うのだった。

漫画「実は私が本物だった」最新話44話の感想

回帰前と違い、今はキイラの味方になってくれる人は沢山いますね。

特に皇女とエレズは、それぞれ力があるから心強いです。

エレズは護身用に指輪を送ってきましたが、彼の瞳の色の宝石がはまっていましたね。

熱愛説を利用している仲なので、キイラは特に何も思わないでしょうけど、周囲の人はときめいたり、落ち込んだり、騒がしいことになるのでは。

特にラディックは、本人もよくわからないままショックを受けそうです。特に

さて、コゼットが回帰前と同様に、周囲を取り込み始めましたね。今の所、まだ警戒を解いただけのようですが、コゼットは見た目に説得力があるので、惑わされる人は多くいるでしょう。人当たりも良さそうです。

キイラは、味方は増えてはいますが、彼女の魅力は親しくならないとわからないものなので、やや不利ですよね。でも知ってしまえば、キイラの虜になって、裏切るようなことはしないと思います。

キイラが訓練中に、コゼットが現れましたが、なんだかわざとらしく見えますね。

回帰前と同じように、コゼットは可愛い自分を演出し、キイラを冷血な女として印象づけたいのかなと思います。

キイラは何かしら対策をとるようですが、どのように動くのか気になりますね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください