漫画「帰還者の魔法は特別です」147話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで配信している、アクション&転生&ファンタジーの漫画「帰還者の魔法は特別です」原作Usonan、漫画Wookjakga ( 귀환자의 마법은 특별해야 합니다  )

毎週木曜日に最新話が更新されます。

前回のエピソードはコチラ

漫画「帰還者の魔法は特別です」147話のネタバレ

プラムとケイの対決が始まった。

戦いながら、これまでケイに親身になって指導してもらったことを思い出す。

師弟として何度も剣を交えてきたので、プラムは戦いながら泣いていた。

ケイのオーラが弱まった瞬間を狙い、プラムは攻撃を仕掛けようと近づいたが、ケイはすぐさまオーラを強めた。

気圧されそうになるプラムだが、怖じ気づくな、オーラは心の剣だ、いかなるときも死ぬ気で戦えというケイの言葉を思い出し、プラムは踏み込む足に力をこめた。

必ず勝ってみせると決意したプラムの攻撃は、ケイのオーラを貫くほど、強い心の現れだった。

ケイは、君の勝ちだと言い、その剣に貫かれた。

倒れたケイは、自分が選んだ道を否定された気がして、プラム達が不快だったが、心の片隅ではプラムが羨ましかったと話す。

周囲からの冷やかしや差別で辛かっただろうが、それでも仲間を想い笑い合うプラムの姿は、とても眩しかったと言う。

ケイが、ひょっとすればプラムのように、と話していると、青い薔薇部隊が到着した。

彼らは、フネン少尉を拘束し連れてきたのだった。

漫画「帰還者の魔法は特別です」147話の感想

ケイもプラムも剣に魅了され、その才能を活かしてきましたが、環境に恵まれたプラムと違い、ケイはホムンクルスに手をだすほど、厳しい環境にいました。

魔道王国では、魔力のない者は、へブリオン帝国の平民のような扱いです。どこの国でも差別がありますね。

ここは影の世界なので、もう実在しない人たちなのですが、プラムはケイと忘れられないような時間を過ごしたようです。

いつかケイに勝つことを目標にしていたプラムですが、それがまさか敵対し、彼の命を奪うことだなんて思わないですよね。

ケイが、最後にプラムの実力とそのものを認め、良い感じで話が終わるかと思いきや、140話でキメラと青い薔薇の対応を任されてたフネンが連行されてきました。

生きていただけでも良かったですね・・・でもこの後、どうなるのでしょう。王も予言者も死に、ケイも瀕死で、国は崩壊間際です。これ以上悪化しないと良いですね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください