漫画「入学傭兵」50話のあらすじと感想!ネタバレ有り

※全エピソード一覧はコチラ

無料漫画アプリ・LINEマンガで連載中の「入学傭兵」原題・입학용병、原作:YC、漫画:rakhyun

毎週木曜日に最新話が更新されます

前回のエピソードあらすじはコチラ

漫画「入学傭兵」50話のネタバレ

取り調べを受ける誘拐犯の女クラシラは、SWグループが傭兵Mという化け物を雇っているとは知らなかった、彼がいたとわかっていたなら方法を変えたし、むしろ引き受けなかったと言う。

傭兵Mは、半年前に姿を消したのだが、大怪我で死んだと言う噂だったが、SWグループに雇われていたとはと話す。

その噂は聞いたことがあるが、戦場で活動していたトップクラスの傭兵が、こんな場所で護衛業務につくと思うのかと言い返され、クラシラは黙った。

一方、杏奈は病室のベッドで休んでいたが、何故か警備に、銃で撃たれたはずのチーフがついていた。

杏奈は、きちんと回復するまで休めというが、チーフは、交代の隙をつかれたから休んでいられないと言う。

チーフは、今回捕まった者たちは海外で活動する傭兵で、黒幕も依頼人もまだ不明だと話す。

杏奈は、壮馬の動きが訓練のときよりも凄かったが、普通の高校生なのかと言う。

壮馬は祖父が護衛チームにいれたので、祖父ならば正体を知っているようだ。

昨晩の壮馬は、誘拐犯の車から落ちったことで肋骨にヒビが入り爪も剥がれていたが、その状態でナイフを持った男5人を相手にし、その後さらに肩に銃弾をくらっても、誘拐犯らを叩きのめしたのだった。

その話を聞いた杏奈は愕然とし、壮馬の病室へ向かったが、壮馬はあれほどの怪我をしたにも関わらず、着替えて退院しようとしていた。

病院で治療するより、家で休みたい、医師の許可はとってあるとのこと。

杏奈が、家族にはどう説明する気かと尋ねると、合同訓練中に負傷したことにするとのこと。

杏奈は、チーフに退室してもらい、壮馬と二人きりになると、礼子は両親の財産を引き継いだだけでまだ子供だが、私なら壮馬の将来を約束できるので、卒業後は自分のところに来ないかと誘う。

壮馬が質問があると言うので、杏奈は自分の誘いに乗り気だと思ったが、壮馬から訊かれたことは、何故礼子の傍にいると思っているのかというものだった。

杏奈は、壮馬が礼子と付き合っていると勘違いしていた。

そこで杏奈は、良い条件で就職できれば家族も安心するから、卒業後は自分のところに来なさいと、再提案し、壮馬は少し考えてみることにする。

そうして壮馬は帰宅し、妹と祖父には訓練中に怪我したと説明する。

祖父が、壮馬が護衛業務を体験していることについて、まだ若いのだから、他に興味ができたら変えてもいい、壮馬が何を選んでも応援すると言ってくれたので、壮馬は微笑むのだった。

一方、001(壮馬)が006(リアム)を倒したと聞き、032が失踪した。

その報告を聞いたマッドドッグは、兄弟が死んだことで理性を失うなんて愚かだ、だから家族はくだらないと言うのだった。

漫画「入学傭兵」50話の感想

誘拐犯クラシラも海外で活動している傭兵だったので、その界隈で有名な壮馬を知っていましたね。

クラシラは死んでいないので、ここから壮馬の情報が漏れそう。

リアムがいくら偽装工作しても、壮馬が動かなければならない場面が多いので、あっという間にキャンプに居場所がばれそうです。

そうすると、今回誰かを惨殺していたマッドドッグが、壮馬を殺しにやってきそうですね。

以前、マッドドッグは、冨田達を追い込んで狩ろうとしていましたが、罠を仕掛けて相手を追い詰めるのが好きなようなので、マッドドッグが襲撃にきたとしたら、まず家族が危ないでしょうね。

今回マッドドッグは、家族という存在は不要だと発言していましたし、そのうちマッドドッグが壮馬の家族を人質にとるなり、家族を狙うイベントがあるのではないかなと思います。

さて、006死亡でショックを受けて脱走した032ですが、日本に来ていましたね。006の仇討ちにきたのでしょうか。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください