漫画「帰還者の魔法は特別です」146話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで配信している、アクション&転生&ファンタジーの漫画「帰還者の魔法は特別です」原作Usonan、漫画Wookjakga ( 귀환자의 마법은 특별해야 합니다  )

毎週木曜日に最新話が更新されます。

前回のエピソードはコチラ

漫画「帰還者の魔法は特別です」146話のネタバレ

ケイ・ハズマルンの命を守りながら、事件の黒幕を倒せという最終クエストが始まった。

ケイは目的を達成するために、今後この悪の組織を統率するつもりなので、ホムンクルスを破壊しなければならない。

泣きそうな顔のプラム。

デジールは、王を救い国を守ると言っていたのに、王の死に動じなかったのを変に思っていた、初めからホムンクルスが目的だったのかと問う。

どうしてホムンクルスの存在を知っていたのか、アルディン・ケフェウスから聞いたのかと続けて尋ねると、推測が的中した、ケフェウスはホムンクルス研究集団の唯一の生き残りだと、影の世界のガイドが説明した。

ケイは、魔力の有無で優劣が決まる世界を変えるために魔法を消したい、そのためには因果律を操るホムンクルスが必要なのだと話す。

デジールたちとは戦いたくないが、君たちなら私を止めようとするだろうと言い、一瞬でデジールの前に移動すると、剣を振った。

だがプラムが剣を弾き、ロマンティカが風魔法でケイをふっとばした。

呻くケイを見て、プラムは思わず心配するが、アゼストに、ケイを慕っていたのはわかるが、この影の世界最強の敵だと言われ、覚悟を求められた。

アゼストのマナが尽きてしまったので、アゼストを前衛に、ロマンティカとデジールが協力して魔法を放つ。

アゼストと戦うケイを見て、いたたまれない気持ちになるプラム。

ケイの計画は失敗に終わり無意味な戦闘をしているのだが、ケイが何故ここまで必死なのかを知っていたので、だからこそ止めなくてはとデジールは思う。

ケイが、プラムの名を呼び、対決を求めたので、プラムは涙ぐみ、自分が勝つと宣言するのだった。

漫画「帰還者の魔法は特別です」146話の感想

ケイが、部下を犠牲にしてまでホムンクルス研究を続けようと思うほど、魔力が無いばかりに悲惨な思いをした人々を見てきたからなのでしょう。

へブリオン帝国の貴族と平民と同じですね。

大勢の犠牲のもとに完成した、因果律に干渉するホムンクルスですが、もしこれ以上一切の犠牲を増やすことなく、研究で大勢の命を助ける結果になるのであれば、犠牲者も多少は救われるのではないかと思いました。

犠牲にされた時点で、救いも何もないでしょうけども。

ケフェウスやケイが、どのような形で研究を進めるつもりだったのか、もう少しストーリーが進めばわかるでしょうか。

そしてケイは、それが叶わないものだと理解しているので、最期の相手にとプラムを呼んだのでしょうね。


それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください