漫画「実は私が本物だった」最新話30話のあらすじと感想!ネタバレ有り

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「実は私が本物だった」原作March、漫画yuun、原題 사실은 내가 진짜였다 

毎週土曜日に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

漫画「実は私が本物だった」最新話30話のネタバレ

アラベラはキイラを別室に案内し、何故このようなメモを持っていたのかと問う。

メモの内容は流行や噂なので悪用しようがないが、キイラを信用できなかったのだ。

キイラは、サロンの会話に役立てようと思った、令嬢たちの話題になれていないからだと、恥ずかしさで顔を真っ赤にしながら答えた。

キイラも貴族令嬢だが、邸宅にこもっているので、世間の人がどのような会話をするかわからないのだと、正直に打ち明けた。

アラベラはまだ信用せず、では何故サロンの正体に応じたのか、花婿探しなら舞踏会に出席すればいいだろうと指摘する。

キイラが、友達が欲しかったと答えたので、アラベラは茶を噴き出した。

パーティーに出席しても、会話がつまらない人だと言われるのではないかと心配になる、舞踏会で一人になるのは嫌なのだと話すので、アラベラは驚きで固まる。

キイラが、自分が近寄ると雰囲気が悪くなるので、アラベラとそのお友達には近づかないようにしていたのだと話すと、アラベラは、会うたびに冷たい目で睨んでいたじゃないか、自分の行動を見直せと怒鳴った。

目は生まれつきだとキイラがうつむくと、アラベラは、怖い表情で黙っていれば、誤解されるにきまっていると指摘する。

キイラが素直に聞き入れたので、アラベラは動揺し、顔を赤くする。

アラベラの顔色から体調不良だと思ったキイラは、休んだ方がいいと促し、その場は解散となった。

キイラが帰ると、アラベラは誤解していたことにいたたまれなくなった。

そこへミカエル皇子がやってきて、パルビス家公女との会話はどうだったのか、使える情報はあったのかと尋ねる。

アラベラが、結婚相手を探しているようだ、思ったより無礼な人ではなかったと答えると、ミカエルは、引き続きパルビス公女とうまく付き合うようにと言い残していった。

一方、キイラが皇女に連れていかれたので、門のところで待つダフネはとても心配していた。

戻ってきたキイラは、誤解があったようだがメモも無事に戻ってきたと話す。

するとダフネが、ショア家で毎年行われるパーティーの招待状を、是非にとキイラに渡した。

素敵な方々に声をかけておいたと、目をキラキラさせながらパーティー参加を勧める彼女を見て、キイラは断ることができず、出席することになった。

キイラは、またジョゼフ卿に頼もうと考えている中、ダフネは、キイラの運命の相手について期待を膨らませるのだった。

漫画「実は私が本物だった」最新話30話の感想

キイラは、何故周囲にあれほど誤解をされていたのかと思うほど、素直でかわいいですよね。

アラベラもキイラの魅力に負け、そのうち強力な味方になってくれるのでは。

アラベラをキッカケに、周囲の人々の誤解が解けるといいのですが。

コゼットに周囲を取り込まれないように、今からどんどんと味方を増やしておきたいですよね。

アラベラは皇女なので、彼女が友人になってくれたら、とても心強いです。

さて、ダフネからショア家のパーティーに招待されました。ショア家なら、例の魔術師の兄に会えるかもしれません。

コゼットが見せた精霊についてや、タイムリープについて、少しでも情報が得られると良いですね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください