漫画「実は私が本物だった」最新話29話のあらすじと感想!ネタバレ有り

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「実は私が本物だった」原作March、漫画yuun、原題 사실은 내가 진짜였다 

毎週土曜日に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

漫画「実は私が本物だった」最新話29話のネタバレ

パルビス家皇公女が珍しくサロンに参加するという話はメイド達の間で広まり、皇女のサロン開催を祝ってくれるだろうと話していたが、アラベラ皇女はそうは思っていなかった。

参加する他の令嬢も、キイラの悪口を言っていたので、アラベラは、今回のサロンを無事乗り切れるかと不安になった。

キイラはダフネと一緒にサロンに参加した。

アラベラは、特別ゲストとしてイケメンのジョシュア・ホワイトを呼んでいたので、令嬢たちは大喜びだ。

ダフネは、彼についての情報を確認するよう、キイラに耳打ちする。

ジョシュアはアラベラの手の甲にキスし、甘い言葉と態度で、アラベラを持ち上げる。

それを見ていたキイラは、男は重みがあって頼れる方が大事だと考え、興味なさそうにお茶を飲んでいた。

そんなキイラを一瞥したアラベラは、ジョシュアにリクエストしたい曲はないかと、キイラに尋ねる。

キイラは事前情報のおかげで、彼の十八番をリクエストすることができた。

アラベラは、社交界にでないわりに事情通なようだ、これまで社交界に現れなかったのにと、ちくちくと絡み始めた。

キイラは、結婚適齢期なので、素敵な男性に出会うために、社交界に出始めたのだと答える。

皆は大事件だとひどく驚いた。

大興奮でその話に食いついたが、キイラを今一つ信用できないアラベラは、皆に落ち着くように促す。

無事サロンが終わり、キイラはアラベラに挨拶を済ませた。

踵を返した瞬間、最近の流行についてのカンペを落としてしまう。

アラベラがそれを拾い、読んでしまったので、キイラは焦り、真っ赤な顔になるのだった。

漫画「実は私が本物だった」最新話29話の感想

キイラは誤解されやすいうえに、これまで社交活動をしてこなかったので、前評判はかなり悪いですね。

ですがダフネのサポートのおかげで、皆のイメージを変えることができそうです。ダフネがいて良かったですね。

しかも彼女の兄は魔法使いなので、逆行したことや、コゼットが使った精霊についても、何か情報をもらえるかもしれません。

ダフネ嬢、というかショア家はキイラの強力なサポーターです。

さて、涙ぐましいカンペの存在が、皇女にばれてしまったキイラですが、これは彼女のイメージ改善につながるのでは。

アラベラは、キイラが皇室を見下していると考えていましたが、そんなことより友達作りに必死なことをわかってもらえそうです。

キイラは恥ずかしくてたまらないでしょうけど、お高くとまった人間だと思われているよりは良いと思います。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください