漫画「緑陰の冠」30話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「緑陰の冠」原題・녹음의 관 

ピッコマで1~3話まで一気読みできます。毎週火曜に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

小説版の物語の前半をざっくりまとめたものはコチラ

漫画「緑陰の冠」30話のネタバレ

ラン達は扉から屋敷に戻ったので、新年の宴が始まった。

ランは、今の借金を元本と利息を全額返した。

債権者らは、どこからこのお金が出てきたのか知りたがっていたが、もちろん教える気はない。

来年には、領地民にプレゼントを渡せる、大掛かりな新年の宴ができるだろうと、ランは考えた。

新年の宴が始まり、皆思い思いに楽しんでいた。

ランは強い酒に酔ってしまい、椅子に腰かけぼんやりしていたので、ユスタフが水を持ってきた。

ユスタフは、スーツがないからアカデミーの制服を着ていた。

ランは、母のおさがりのドレスだったので、丈が短かった。

ランの母は、新年会に合わせてドレスと装飾品を新調していた。

この贅沢は、遠いため皇宮の新年の宴に参加できない故の埋め合わせだった。

他の家臣に比べ、流行を追うようになったため、財政が破綻したのだった。

それも魔石が売れれば解決できる。

ランが水を口にすると、ユスタフはグラスを回収し、ランをダンスに誘った。

ランが、ダンスが下手だと言うと、ユスタフは、自分がリードするから大丈夫だと言う。

フロアに出て体を寄せると、ユスタフの背の高さを実感する。

そしてユスタフの足を踏んでしまい、本当に不器用だと呆れられる。

ユスタフとの会話で、彼がラチアを大事にしていることを実感したラン。

逆にユスタフに、ラチアをどう思っているのか聞かれたランは、伝統と格式ある名家なのはわかっているが、どうしても重要ということではないと答える。

ユスタフが、自分からラチアをとったら何が残るかと訊くと、ランは、イケメンと答えたので、ユスタフは笑う。

ランは、ラチアはユスタフのものだ、誰もユスタフから奪うことなどできないと言う。

奪われるつもりはないとユスタフも言う。

ラチアに属する全てはユスタフのもの、これは幼少期から母に叩き込まれたものだった。

そして、愛する父に冷たくあしらわれた母は、大声で笑ってはいけない、軽率に走ってはいけない、泣いてはいけない、ラチアの当主として感情を出してはいけない、威厳をみせろと、夫への復讐かのように何度もユスタフに言いつけた。

ユスタフは、ランとのダンスで、両足をしこたま踏まれた。

ランとユスタフがダンスを終えると、今度はブレイン卿がダンスを誘った。

ランはその誘いを受けるのだった。

漫画「緑陰の冠」30話の感想

ブレイン卿の足がピンチに。

それはさておき、無事新年の宴を迎えたラチアですが、ランとユスタフの関係が少し変化してきましたね。

ユスタフの心境の変化でしょうか。まだはっきりと自覚はしてなくても、ランが特別になり、ランには特別に思ってほしいようです。

ユスタフが感情に乏しい人間になってしまったのは、母の呪いのような言葉を日々受けていたからのようですね。

その言葉の中で、ユスタフの芯になっているのが、ラチアに属する全てはユスタフのもの、ですね。

そのラチアの中にランが含まれているなら、彼はランを誰にも奪われないよう、自分の手元におこうとします。

ユスタフにとって、ラチアであることが何よりも大事なのですよね。領主として正しいあり方なのでしょうね。

まとめ

・封印も借金返済も済み、ラチアでは新年の宴が開かれた

・ユスタフに誘われダンスを踊るランは、ラチアはユスタフのものだと言う

・ユスタフの母は幼いユスタフに、領主としての在り方を復讐のように言い聞かせていた


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください