漫画「緑陰の冠」29話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「緑陰の冠」原題・녹음의 관 

ピッコマで1~3話まで一気読みできます。毎週火曜に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

小説版の物語の前半をざっくりまとめたものはコチラ

漫画「緑陰の冠」29話のネタバレ

大賢者イブリアは、黒髪黒目の、氷のような美人もしくは平凡な女性だった。

ランは美女を想像して読んでいた。

ラチア公爵家にも描かれた絵があるが、イブリアは平地から山脈を作りあげるほどの力を持っていた。

騎士団を率いて、馬に乗って扉まで向かうのだが、雪山を進むのはランにはとても難しいことだったので、到着する頃には膝が震えていた。

ユスタフが貸してくれた腕に手を絡め、ラチアの紋章だけが刻まれた扉へと向かう。

ユスタフから青炎の指輪を借り、扉に触れて封印する。

この簡単な儀式は毎年ラチアが行う新年の儀式で、もうすぐランではなくユスタフが行うことになる。

時間もかからない簡単な儀式のために、今度は馬で山を下りなければならず、移動が億劫だった。

するとユスタフが、帰りは自分の馬に乗ってはどうかと提案してくれ、ランは彼の背中に抱き着いて乗ることに。

ユスタフの腰に腕を回してしっかり固定すると、ユスタフの背がまた高くなったことに気づいた。

北の人は背の高い人が多いから、ユスタフもそうなるのだろう思い、ランはユスタフの頭をなでる。

何をするのかとユスタフが驚くので、姉の愛情だと答えると、必要ないと言われる。

それでもしつこく頭をなでると、ユスタフは舌打ちし、馬が跳ねた。

思わずユスタフにしがみつくランに、ユスタフは声を出して笑う。

ランは、珍しく笑ったユスタフの顔が見たくなる。

ユスタフは、何故髪を触るのが愛なのかと尋ねる。

ランが、普通の愛情表現ではないかと答えるも、ユスタフはその経験がないようだった。

ユスタフの母は、良い意味でも悪い意味でも誇り高い人だったとのこと。

ユスタフの母は、ランの母親同様に、この冬の気候が体に合わなかった。

母が死にかけているのに、父は他の女性に求婚していた、母はそれを知っていたと、ユスタフが辛かった過去を話すので、ランは公爵は悪い男だと言った。

ユスタフは、甘やかすとのことで追い出されてしまったが、乳母が自分の頭をなでてくれたことを思い出し、ランに教える。

ユスタフはふと、簡単に本心を話してしまうのに気が付くのだった。

漫画「緑陰の冠」29話の感想

氷壁を作ったのは大賢者イブリアです。

なので氷壁に収まっている魔石も、イブリアの魔力で作られたものになります。それほど途方もない力を持っていたのですね。

そんな彼女が封印した扉の向こうには、一体何があるのか、何故精霊の封印が必要なのか、ユスタフとの関係構築以外にも問題があるので面白いですよね。

ユスタフは、実の両親に頭をなでてもらったことがないという、孤独な子供時代を送っていました。

継母が彼を虐待していたこともありましたが、それ以前に両親の愛を得ることができなかったようです。

だからいつもあのように死んだ目をしているのでしょうね。

いつしかランにはポロポロと、軽口を叩いたり、本音を漏らすようになったので、彼女から家族愛も得ることができそうですね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください