漫画「悪女が恋に落ちた時」55話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※エピソード一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで配信している転生恋愛ファンタジー漫画「悪女が恋に落ちた時」原題・악녀가 사랑할 때、作家・서귀조

毎週火曜日に最新話が更新されます

前回のあらすじはコチラ

※今のルペルシャ=リシャ、前のルペルシャ=ルペルシャ、でまとめています。

漫画「悪女が恋に落ちた時」55話のネタバレ

ダニエルの友達になりたいというリシャに、ダニエルは、ハーフは心を許してはいけない存在だという。

悪魔でありたいのかと訊くと、ダニエルは、それはリシャ次第だ、だが悪魔でいたわけではない、友達になりたくないわけでもないと答えた。

リシャは、彼が悪い人に見られたがっているわりに、リシャを苦しめたくないというのは矛盾していると思う。

リシャが、私に望むことがあってこのような話をするのでしょうと言うと、ダニエルは、へレイスと呟き、恋に落ちたらと死ぬ(49話)という予言を受けた友達が彼なのだと打ち明け、ヘレイスがリシャに恋しそうで心配しているとのこと。

では私を殺せば解決したのに、心変わりしたのかと言うと、リシャが泣いているのはみたくないと言う。

リシャは、へレイスは私の泣き顔を見たがるのに、正反対だと笑う。

へレイスにはあなたがいる、彼は死なないはずだ、そして私もいると話すリシャ。

リシャはオタ活のために原作のように死なせる気はなかった。

リシャが、だから私に望むことは何かというと、ダニエルは、ただ注意をしてもらえばいいと言う。

ダニエルの友人になりたい、ダニエルのためだけに泣いてあげると話すリシャ。

ダニエルが、私のことを愛しているのかと尋ねると、契約者を危険に晒すハーフと契約させるわけにはいかないと言い、二人の間を遮るようにしてゼンが現れた。

ダニエルは、まだ契約していないから落ち着いてと言う。

リシャは、その契約をするつもりだったので、ゼンに邪魔された形だ。

ダニエルは、その精霊の言葉は正しい、悪魔を信じるなんてリシャは無防備すぎると言う。

リシャが、ダンが悪魔でも何でも気にしないと言うと、彼は目を見開く。

友人が嫌なら、私が泣くたびに花を一輪渡してほしいと照れながら契約を提案する。

ダニエルに、悪魔が何かわかっているのかと指摘されるが、リシャは、わかろうがわかるまいが、できることが全てやってみるつもりだった。

ダンといると楽しい、理由はそれでは不十分かと言うと、ダニエルは、何もわかっていないと悲しそうに笑った。

そしてリシャに近づくと、次の宴会でリシャを殺すと囁いて去った。

その後、リシャは、ダニエルやルペルシャのことで悩みが多く、吐血量も増えた。

この体でどう生き延びていくのか、何故ダニエルに惹かれるのか、考えることが尽きず、今日はイビエンにあう日だからと気を取り直す。

一方、イビエンは、山のように積まれた書類を見て、衝撃を受けるのだった。

漫画「悪女が恋に落ちた時」55話の感想

リシャはダニエルに対して、他のキャラクターより積極的だと思っていましたが、それは仲良くなるまで難しいからだと思っていました。

でもリシャも彼に惹かれていたのですね。納得です。

でも、ダニエルは親しくなると殺されるという属性持ちなので、いくら彼の心を動かしても、不穏な言葉しか返ってきません。

ついには直接、次回殺すと言われてしまいましたね。ダニエルとしては気に入っている彼女を、守るために突き放したいのでしょうけど。

またダニエルと友達になるには、契約しないといけないのですね。そりゃゼンも慌てて止めるわけです。

久々にイビエンが登場しましたね。ダニエル編が長かったので、イビエンで気分転換ですね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください