漫画「帰還者の魔法は特別です」130話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで配信している、アクション&転生&ファンタジーの漫画「帰還者の魔法は特別です」原作Usonan、漫画Wookjakga ( 귀환자의 마법은 특별해야 합니다  )

毎週木曜日に最新話が更新されます。

前回のエピソードはコチラ

漫画「帰還者の魔法は特別です」130話のネタバレ

ロマンティカは、デジールの指示通り、被害者を屋敷の外まで避難させていたが、1人残って戦うデジールのことが心配だった。

一方、ホムンクルスと戦闘中のデジール。

デジールは、ホムンクルスが攻撃された直後に回復しなかったので、その再生能力に疑問をもち、もう一度攻撃して確かめようと考えた。

だが、ホムンクルスの動きが先程と比べ物にならないほど速くなっていたので、デジールの魔法はかわされ、胴体を殴られてしまう。

クローズラインのマナ残量が20%以下になってしまい、防御力が下がる。

ホムンクルスの表情は先程の真剣なものではなく、不敵な笑みを浮かべるなど、人格も変わってしまったようだ。

デジールは、範囲魔法を試してみるが、容易に躱され、ふっとばされる。

ホムンクルスの速度にはやく対応しなければ、不利になるだけだった。

ふと、昆虫キメラとの戦闘を思い出すと、水で体を保護し、そこにホムンクルスが手を突っ込んできたところで凍らせて動きを止め、電撃を食らわせる。

だがその電撃もあまり効かず、ホムンクルスは一瞬で回復するとデジールを蹴った。

デジールのクローズラインはマナ残量10%をきってしまい、防御機能がなくなる。

攻撃が当たらず、デジールは劣勢だった。

プルースは、自分が作り上げたものはただ長寿なだけではない永遠不滅なもの、因果律を統制するものだと語りだした。

原因があるから結果がある、その世界を構成する法則の1つを統制するのだ、この知恵と力にひれ伏して消えろと高笑いする。

そのご高説を遮るように、ホムンクルスの上半身に、大きな魔法が撃ち込まれた。

ロマンティカが助けに来たのだった。

漫画「帰還者の魔法は特別です」130話の感想

デジールなら簡単に制圧できるかと思いましたが、意外にも苦戦していますね。

ホムンクルスは因果律を捻じ曲げる能力があるようです。起きたことを無かったことにできるのなら、認識できないぐらい一瞬で消滅させないと倒せないということでしょうか。

竜語魔法だとデジールの身がもたないので、合わせ魔法を使うしかないと思いますが、援軍がロマンティカなので、演算の時間を作り出すのは難しそうです。ホムンクルスを足止めできる方法があると良いのですが。

はやく制圧して、傲慢なプルースを処罰したいですね。

まとめ

・一度デジールにやられたホムンクルスは、攻撃速度があがり、人格も変化した

・ホムンクルスの能力は、原因があり結果があるという因果律を統制するものだった

・追い詰められたデジールのところに、ロマンティカが助けに来る


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください